2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

ウェブページ

植物_ヤシ科

2015年9月30日 (水)

ヤエヤマヤシ(2015/09/30)

_20150923_13

 
海洋博会場にあるヤエヤマヤシです。他のヤシと 
 
違いを見極めることができません。資料によると、
 
高さが20mになり、赤禍色の葉鞘部が特徴のよう
 
です。もう一度、いって、資料と照らし合わせて
 
観察したいですね。 ヤシ科の同定は意識したことが
 
ないので難しいです。

2015年9月29日 (火)

ナツメヤシ(2015/09/29)

高さが30mに達すると資料にありました。

 
実際に見るとかなり高いヤシだと感じました。
 
果実はゼリーやジャムに利用されるとあります。
 
私は食べたことがまだありません。
 
_20150923_5_2
 
青い空に伸びる姿は素敵でした。
 
_20150923_10_2
 

2013年5月25日 (土)

ユスラヤシ(2013/05/25)

Dsc_1995

 
この赤い実がなっているヤシ科の植物がありました.和名が
 
なんだろうと,調べていると,実の色からすると,「ユスラヤシ」
 
「マニラヤシ」が予想され,樹高からすると「ユスラヤシ」「ビンロウ」
 
が予想されました.
 
Dsc_1992  
 
「マニラヤシ」は,資料によると樹高が4mから6mと
 
記述されており,樹高がそれより高いから,違うであろう
 
と考えました.
 
Dsc_1987
 
「ビンロウ」について調べてみると,樹高は10mから
 
20mとあり,一致するのですが,「ビンロウ」の実は
 
熟すると,黄色から橙色となるとあり,色が違って
 
いました.
 
Dsc_1993
 
最終的に,樹高と実の色から,「ユスラヤシ」と同定
することにしました.久しぶりに,資料を読み比べて
 
みました.
 
この樹木が観察できる場所は,那覇市松川にある 
 
山里外科駐車場からできます.通りがかりに観察
 
出来る方がおられましたら,実際にみて,教えて下さいね.
 
お願います.m(__)m

2012年8月27日 (月)

トックリヤシモドキ(2012/08/27)

2012_08_11_001_2

撮影場所は,那覇市立石嶺小学校です.

幹はトックリヤシほどふくらまないが,中央部や上部がやや肥大する.

また,樹高もトックリヤシより高い.

2012_08_11_004

資料によると,開花期は3月から6月あります.

2012_08_11_005_2

近寄ってみると,その小ささに可愛らしさを感じます.

2012_08_11_014

側根を出して,倒れないように工夫しています.

2012_08_11_015

沖縄では,公園樹,街路樹として普及している種類です.

夏期にタイワンカブトムシの被害を受けやすいので注意を要するとあります.

※私なりの理解として,見た目は元気そうに見えても中が食われてしまい,倒れてしまう場合があり,学校などでは定期的に確認する必要があります.

その他のカテゴリー

01_沖縄 02_日常 03_家族 04_カメラ 05_バイク 06_教育 07_バイク2011(CB1100) 08_大学院 09 バイク旅行2016 10_自動車 11.iPhone.iPad.PC etc 12.癌について マンホール 書籍・雑誌 植物_アオイ科 植物_アオギリ科 植物_アカネ科 植物_アカバナ科 植物_アジサイ科 植物_アブラナ科 植物_アヤメ科 植物_アロエ科 植物_イネ科 植物_イノモトソウ科 植物_ウコギ科 植物_ウリ科 植物_オウギバショウ科 植物_オシロイバナ科 植物_オトギリソウ科 植物_カキノキ科 植物_カタバミ科 植物_カンナ科 植物_ガガイモ科 植物_キキョウ科 植物_キク科 植物_キツネノマゴ科 植物_キョウチクトウ科 植物_キントラノオ科 植物_キンポウゲ科 植物_クサトベラ科 植物_クスノキ科 植物_クマツヅラ科 植物_クワ科 植物_ゴクラクチョウカ科 植物_ゴマノハグサ科 植物_サガリバナ科 植物_サクラソウ科 植物_サボテン科 植物_シクンシ科 植物_シソ科 植物_シュウカイドウ科 植物_ショウガ科 植物_ジンチョウゲ科 植物_スイカズラ科 植物_スイレン 植物_スベリヒユ科 植物_スミレ科 植物_ソテツ科 植物_タコノキ科 植物_タデ科 植物_ダンドク科 植物_チャセンシダ科 植物_ツユクサ科 植物_ツリフネソウ科 植物_ツルムラサキ科 植物_トウダイグサ科 植物_トケイソウ科 植物_トベラ科 植物_ナス科 植物_ニシキギ科 植物_ノウゼンカズラ科 植物_ノウゼンハレン科 植物_ハスノハギリ科 植物_ハマウツボ科 植物_バラ科 植物_バンレイシ科 植物_パパイア科 植物_パンヤ科 植物_ヒガンバナ科 植物_ヒナノシャクジョウ科 植物_ヒユ科 植物_ヒルガオ科 植物_フウチョウソウ科 植物_フウロソウ科 植物_ベンケイソウ科 植物_マキ科 植物_マツ科 植物_マメ科 植物_ミカン科 植物_ミソハギ科 植物_ムクロジ科 植物_ムラサキ科 植物_モクセイ科 植物_モクマオウ科 植物_ヤシ科 植物_ヤッコソウ科 植物_ユキノシタ科 植物_ユリ科 植物_ラン科 植物_リュウゼツラン科 植物_リンドウ科 植物_全般