2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

ウェブページ

植物_シュウカイドウ科

2011年1月 6日 (木)

ベゴニア(2)

2011_01_06_028

ベゴニアの雌花(めばな:左側)、雄花(おばな:右側)を二つ縦に並べるようにして撮りました。その場合、縦にするために花弁などを切り取りました。上の写真を見たときに、左側の雌花の下方は、子房があるので縦長に見えます。右側の雄花では、子房がないために花弁の下はすぐに花茎へつながっています。

Dsc_6622

雌花を分解したときに、花弁の大きさは4枚ほぼ、同じです。

Dsc_6628

しかし、雄花を分解したときは、大きい花弁二枚と、小さい花弁二枚の組み合わせになっていることに気がつきました。よく観察すると、新しいことに気づいたので嬉しかったです。

2011年1月 5日 (水)

ベゴニア(1)

ベゴニアにはいろいろな園芸品種があり、その種類まで同定することができないために、ベゴニア(Begonia)として、理解しています。下の写真は今日撮影したものです。

Dsc_0606

沖縄では、露地栽培でこの時期に植えられており、3月から4月にかけ、見頃となります。

ベゴニアとして見分けることができる人はたくさんいますが、この植物の花が、雌花(めばな)、雄花(おばな)の二種類であることはあまり知られていない気がします。

Dsc_0602

上の花が雌花です。雌しべは多くの短い毛がついています。受粉すると、子房がふくらみ、実ができます。

Dsc_0613

上の写真が雄花です。

写真を撮影しているときは、雌花、雄花の違いがはっきりとわかると思ったのですが、十分とはいえないように見返すと感じるので、明日、雌花、雄花がわかるような写真を撮影して載せたいと思います。

その他のカテゴリー

01_沖縄 02_日常 03_家族 04_カメラ 05_バイク 06_教育 07_バイク2011(CB1100) 08_大学院 09 バイク旅行2016 10_自動車 11.iPhone.iPad.PC etc 12.癌について マンホール 書籍・雑誌 植物_アオイ科 植物_アオギリ科 植物_アカネ科 植物_アカバナ科 植物_アジサイ科 植物_アブラナ科 植物_アヤメ科 植物_アロエ科 植物_イネ科 植物_イノモトソウ科 植物_ウコギ科 植物_ウリ科 植物_オウギバショウ科 植物_オシロイバナ科 植物_オトギリソウ科 植物_カキノキ科 植物_カタバミ科 植物_カンナ科 植物_ガガイモ科 植物_キキョウ科 植物_キク科 植物_キツネノマゴ科 植物_キョウチクトウ科 植物_キントラノオ科 植物_キンポウゲ科 植物_クサトベラ科 植物_クスノキ科 植物_クマツヅラ科 植物_クワ科 植物_ゴクラクチョウカ科 植物_ゴマノハグサ科 植物_サガリバナ科 植物_サクラソウ科 植物_サボテン科 植物_シクンシ科 植物_シソ科 植物_シュウカイドウ科 植物_ショウガ科 植物_ジンチョウゲ科 植物_スイカズラ科 植物_スイレン 植物_スベリヒユ科 植物_スミレ科 植物_ソテツ科 植物_タコノキ科 植物_タデ科 植物_ダンドク科 植物_チャセンシダ科 植物_ツユクサ科 植物_ツリフネソウ科 植物_ツルムラサキ科 植物_トウダイグサ科 植物_トケイソウ科 植物_トベラ科 植物_ナス科 植物_ニシキギ科 植物_ノウゼンカズラ科 植物_ノウゼンハレン科 植物_ハスノハギリ科 植物_ハマウツボ科 植物_バラ科 植物_バンレイシ科 植物_パパイア科 植物_パンヤ科 植物_ヒガンバナ科 植物_ヒナノシャクジョウ科 植物_ヒユ科 植物_ヒルガオ科 植物_フウチョウソウ科 植物_フウロソウ科 植物_ベンケイソウ科 植物_マキ科 植物_マツ科 植物_マメ科 植物_ミカン科 植物_ミソハギ科 植物_ムクロジ科 植物_ムラサキ科 植物_モクセイ科 植物_モクマオウ科 植物_ヤシ科 植物_ヤッコソウ科 植物_ユキノシタ科 植物_ユリ科 植物_ラン科 植物_リュウゼツラン科 植物_リンドウ科 植物_全般