2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

ウェブページ

植物_ノウゼンハレン科

2011年1月17日 (月)

ノウゼンハレン(2)

昨日に引き続き、ノウゼンハレンについて、書きたいと思います。年末に見たノウゼンハレンを昨日、見に行きました。花の数は減っていましたが、代わりに

2011_01_16_006

上の写真のような実ができていました。開花時に雌しべの先が3つに分かれ、実を見ると子房が三つの部屋に分かれていることがわかります。

2011_01_16_021

雌しべの先は、三つに分かれていますが、受粉がうまくいった左側の実と、受粉がうまくいかないと、三つのうち、二つが大きくなり、一つが小さいままの右側の実も見られました。

2011_01_16_043

実は、カッターナイフで簡単に輪切りにすることができました。熟したら、改めて輪切りにできるか確かめてみたいと思います。

2011年1月16日 (日)

ノウゼンハレン(1)

和名「ノウゼンハレン」は園芸名「キンレンカ」「ナスタチウム」としても知られています。2010_12_30_071

オレンジ色や黄色などの色があります。花弁をサラダなどに入れて、彩りを豊かにするために使う場合もあります。それを聞いていたので、花弁を食べてみましたが、特別味がするわけでなく、何にでも合わせられるような気がしました。

2010_12_30_010

ノウゼンハレンの葉は円形をしており、雨が降った後、葉の表面に水滴が集まります。

2010_12_30_028

花冠の基部が後ろに飛び出たものを距(きょ)といいます。このノウゼンハレンにもあります。

これらの写真は2010/12/30に撮影したもので、結実は確認できませんでした。

その他のカテゴリー

カメラ | トケイソウ科 | バイク | バイク2011(CB1100) | マンホール | 大学院 | 家族 | 教育 | 日常 | 書籍・雑誌 | 植物_アオイ科 | 植物_アオギリ科 | 植物_アカネ科 | 植物_アカバナ科 | 植物_アブラナ科 | 植物_アヤメ科 | 植物_アロエ科 | 植物_イネ科 | 植物_イノモトソウ科 | 植物_イワウメ | 植物_ウリ科 | 植物_オウギバショウ | 植物_オシロイバナ科 | 植物_オトギリソウ科 | 植物_カキノキ科 | 植物_カタバミ | 植物_カンナ科 | 植物_ガガイモ科 | 植物_キキョウ | 植物_キク科 | 植物_キツネノマゴ科 | 植物_キョウチクトウ科 | 植物_キンポウゲ科 | 植物_クサトベラ科 | 植物_クスノキ科 | 植物_クマツヅラ | 植物_クワ科 | 植物_ゴクラクチョウカ科 | 植物_ゴマノハグサ科 | 植物_サガリバナ科 | 植物_サクラソウ科 | 植物_サボテン科 | 植物_シクンシ科 | 植物_シソ科 | 植物_シュウカイドウ科 | 植物_ショウガ科 | 植物_ジンチョウゲ科 | 植物_スイカズラ科 | 植物_スイレン | 植物_スベリヒユ科 | 植物_スミレ科 | 植物_ソテツ科 | 植物_タコノキ科 | 植物_チャセンシダ科 | 植物_ツユクサ科 | 植物_ツリフネソウ科 | 植物_ツルムラサキ科 | 植物_トウダイグサ科 | 植物_トベラ科 | 植物_ナス科 | 植物_ニシキギ科 | 植物_ノウゼンカズラ科 | 植物_ノウゼンハレン科 | 植物_ハマウツボ科 | 植物_バラ科 | 植物_バンレイシ | 植物_パパイア科 | 植物_パンヤ科 | 植物_ヒガンバナ科 | 植物_ヒナノシャクジョウ科 | 植物_ヒユ科 | 植物_ヒルガオ科 | 植物_フウチョウソウ科 | 植物_フウロソウ科 | 植物_ベンケイソウ科 | 植物_マキ科 | 植物_マツ科 | 植物_マメ科 | 植物_ミカン科 | 植物_ミソハギ科 | 植物_ムクロジ科 | 植物_ムラサキ科 | 植物_モクセイ科 | 植物_モクマオウ科 | 植物_ヤシ科 | 植物_ヤッコソウ科 | 植物_ユリ科 | 植物_ラン科 | 植物_リュウゼツラン科 | 植物_全般 | 沖縄