2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ

ウェブページ

植物_ムラサキ科

2011年1月28日 (金)

「ハナイバナ」と「キュウリグサ」(2)

「ハナイバナ」と「キュウリグサ」の違いについて、花を比較してみましょう。

Kyuurigusa_fl_a

上の花がキュウリグサです。撮影年月日は2003年4月20日です。

下の花がハナイバナです。撮影年月日は2011年1月6日です。

2011_01_06_133

写真で比較するとその違いがわかりやすいです。資料に出てくることをこれまでの観察記録から、わかりやすく自分自身で確かめられることも嬉しいときです。

2011年1月27日 (木)

「ハナイバナ」と「キュウリグサ」(1)

2011_01_06_088

数日が天気が悪く、植物観察ができませんでした。そのため、2011/1/6に撮影した植物を紹介します。

ムラサキ科ハナイバナです。葉の上部の葉と葉の間に花をつけことに名付けられてそうです。資料(野に咲く花 監修 林弥栄)によると、道ばたや畑などに見られ、日本全国に分布し、花期は3月から11月とあります。私が撮影した時期は1月なので、沖縄では花期がずれています。

ハナイバナは同じムラサキ科キュウリグサと間違いやすいと、資料(「野に咲く花 監修 林弥栄」「野草図鑑 8巻 はこべの巻 著 長田武正」)にありました。昔、撮影したキュウリグサと比べてみたいと思います。

Kyuurigusa_fr_b_2

上の写真はキュウリグサの実です。撮影日時は2004年5月30日です。

下の写真がハナイバナの実です。撮影日時は2011年1月6日です。

2011_01_06_114

キュウリグサの分果の表面はなめらか、ハナイナバの分果は全面に突起があることが違いと記述されていました。  

その他のカテゴリー

01_沖縄 02_日常 03_家族 04_カメラ 05_バイク 06_教育 07_バイク2011(CB1100) 08_大学院 09 バイク旅行2016 10_自動車 11.iPhone.iPad.PC etc 12.癌について マンホール 書籍・雑誌 植物_アオイ科 植物_アオギリ科 植物_アカネ科 植物_アカバナ科 植物_アジサイ科 植物_アブラナ科 植物_アヤメ科 植物_アロエ科 植物_イネ科 植物_イノモトソウ科 植物_ウコギ科 植物_ウリ科 植物_オウギバショウ科 植物_オシロイバナ科 植物_オトギリソウ科 植物_カキノキ科 植物_カタバミ科 植物_カンナ科 植物_ガガイモ科 植物_キキョウ科 植物_キク科 植物_キツネノマゴ科 植物_キョウチクトウ科 植物_キントラノオ科 植物_キンポウゲ科 植物_クサトベラ科 植物_クスノキ科 植物_クマツヅラ科 植物_クワ科 植物_コショウ 植物_ゴクラクチョウカ科 植物_ゴマノハグサ科 植物_サガリバナ科 植物_サクラソウ科 植物_サボテン科 植物_シクンシ科 植物_シソ科 植物_シュウカイドウ科 植物_ショウガ科 植物_ジンチョウゲ科 植物_スイカズラ科 植物_スイレン 植物_スベリヒユ科 植物_スミレ科 植物_ソテツ科 植物_タコノキ科 植物_タデ科 植物_ダンドク科 植物_チャセンシダ科 植物_ツユクサ科 植物_ツリフネソウ科 植物_ツルムラサキ科 植物_トウダイグサ科 植物_トケイソウ科 植物_トベラ科 植物_ナス科 植物_ニシキギ科 植物_ノウゼンカズラ科 植物_ノウゼンハレン科 植物_ハスノハギリ科 植物_ハマウツボ科 植物_バラ科 植物_バンレイシ科 植物_パパイア科 植物_パンヤ科 植物_ヒガンバナ科 植物_ヒナノシャクジョウ科 植物_ヒユ科 植物_ヒルガオ科 植物_フウチョウソウ科 植物_フウロソウ科 植物_ベンケイソウ科 植物_マキ科 植物_マツ科 植物_マメ科 植物_ミカン科 植物_ミソハギ科 植物_ムクロジ科 植物_ムラサキ科 植物_モクセイ科 植物_モクマオウ科 植物_ヤシ科 植物_ヤッコソウ科 植物_ユキノシタ科 植物_ユリ科 植物_ラン科 植物_リュウゼツラン科 植物_リンドウ科 植物_全般