2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

無料ブログはココログ

ウェブページ

植物_アオイ科

2013年8月23日 (金)

赤が5つ(2013/08/23)

Dsc_5595

 
 
 
 
 
 
 
 
赤が5つ
 
柱頭の先がわかれています.
 
アオイ科の植物の特徴だと思います.
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブッソウゲをもとに,品種改良されたもので,
 
ハイビスカスと言うくくりでいろいろな種類が
 
あります.

ポチッとよろしく!

2013年8月22日 (木)

ゆれて(2013/08/22)

Dsc_5582

 
微風の風の中でもゆれて,ピントがうまくあいませんでした.
 
ファインダー越しに感じるほどの,わずかな風です.
 
 
 
 
 
 Dsc_5554
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_5564
 
 
資料では,アフリカ原産の花木で3mぐらいの高さになります.
 
資料では,晴から冬にかけて風鈴に似た赤花を咲かせますと
 
ありましたが,この写真を撮ったのは,真夏です.
 
昔と違って,花の咲く時期が違ってきているのかなぁ?
ポチッとよろしく!

2013年7月24日 (水)

オクラ(2013/7/24)

オクラは,アオイ科の植物です。

 

Dsc_4591

 

アオイ科の植物の特徴は,めしべの先が5つに分かれて

 

ところです。ブッソウゲ(ハイビスカス)の花を観察すると

 

よくわかります。

 Dsc_4589

 

去年は,台風の襲来が多く,小学校の教材園の植物に被害を

 

繰り返し,収穫するまでにはいたりませんでした。今年は,台風

 

の襲来がないため,収穫を楽しむことができました。

 

Dsc_4590  

 

夏休みに入り,子どもたちが収穫することもなくなり,実が

 

大きくなりすぎて,食べごろを過ぎたものが多くなっています。

 

オクラは,みなさん大好きですか?

 

*******************************************

 

近頃,実家で姉が料理してくれたオクラを使った料理で

 

種の部分をとっており,日頃,食べるオクラの食べ方と

 

違っていました。

2012年8月12日 (日)

オクラ(2012/08/12)

2012_08_11_001

オクラは、ブッソウゲと同じアオイ科の植物です。花のつくりとして、柱頭の先が5つに分かれています。花びらも5枚あります。

2012_08_11_004_2

オクラは、夏野菜として、スーパーや八百屋の店先に販売されています。

2012_08_11_005

小学校の教材園では、収穫されないままの実を見かけることがあります。

2012_08_11_006 

2012年5月 8日 (火)

ブッソウゲ(2012/05/08)

2012_05_08_006

今日、夕方、浦添市内で、上の写真の植物をみました。

アオイ科ブッソウゲです。園芸名としてのハイビスカスの方がよく知られています。この花をよく見ると、花の中から、また花が咲いていることがわかりますか?ときどき、ブッソウゲにみられます。品種改良がしやすいというのか、突然変異が出来やすいように感じました。

2011年10月 1日 (土)

ブッソウゲ(2011/10/01)

2011_09_27_006_2

ブッソウゲが太陽の下、きれいに咲いています。柱頭の先が5つに

分かれているのが特徴になっています。

2011_09_27_012

花びらの色も、品種改良されて、赤色以外に桃色もあります。

2011_09_28_003

黄色もあります。

この3つの花に共通しているものとして、柱頭の5つに分かれて

いる先が赤色をしています。雄しべの花粉は黄色をしています。

観察して、ひとつ賢くなりましたnote

2011年9月18日 (日)

ムクゲ(2011/09/18)

2011_09_18_024

アオイ科ムクゲの写真です。「沖縄の都市緑化植物図鑑」によると

「花は淡い桃色が多く、白色、紅色の品種がある。園芸品種が多数あり

一重咲き、八重咲きなどがある」

ということで、今日、撮影したムクゲです。場所は、那覇市松川1丁目と

那覇市首里寒川町の通称いろは坂になります。

2011_09_18_004

八重咲き

2011_09_18_039

白色の八重咲き

2011_09_18_047

薄い桃色で、一重咲きと八重咲きの中間の咲き方をしていました。

資料によると、ブッソウゲは年中開花時期とあるが、ムクゲは4月から11月とある。

台風により開花時期に差違がみられるかと思ったが、資料通りの時期に開花した

ことになる。

   

2011年2月21日 (月)

サキシマフヨウ(1)

2011_02_19_049

土曜日に那覇市立松川小学校の校内でサキシマフヨウの木を見つけました。

これまでフヨウを見たことがありません。

2011_02_19_058

実がなったときに実の皮の部分にも毛が密集しています。図鑑(機に咲く花 山と渓谷社)を見るとフヨウの実には毛がそれほどおおくありません。この図鑑にはサキシマフヨウが載っていません。

2011_02_19_066

サキシマフヨウの実を1mm方眼紙の上に置いて撮影しました。風が吹くと一気になくなったしまいす。

2011_02_19_068

サキシマフヨウの実の大きさは約4cmです。いつかフヨウを見てみたいです。これまで数回、この種子や実を持っていくのですが、いつも同定していただいている人はサキシマフヨウと言われています

2011年1月10日 (月)

オオハマボウ(3)

2011_01_08_mihama_083

上の写真は、オオママボウの雌しべ、雄しべの様子です。ブッソウゲ(園芸名 ハイビスカス)と同じように、雌しべの先は5つに分かれ、柱頭の周りから雄しべが伸びているように見えます。同じアオイ科だと感じました。

2011_01_08_mihama_063

「樹に咲く花 離弁花2」(山渓ハンディ図鑑)によるとオオハマボウの記述として、「葉身は長さ幅とも8から15cmの円心形。」とあります。確かに上の写真はその条件にあっている大きさをしています。

2011_01_08_mihama_053

しかし、上の写真にあるように約25cmぐらいの葉もあり、生育条件や環境によっても大きさがかなり、異なっています。しかし、花の大きさはほとんど変わらりません。植物のおもしろさを感じます。

2011年1月 9日 (日)

オオハマボウ(2)

2011_01_08_mihama_115

上の写真は、オオハマボウの花を分解したものです。マス目は一辺が1cmです。花を分解する際に、実なる部分と萼がより強くつながり、その上部になる部分を離れやすくなっていました。これは花が咲いて、落ちるときに分離しやいわけにつながります。花弁5枚、雄しべと雌しべの部分が離れにくくなっていました。

2011_01_08_mihama_135

上の写真は花の下部になるところで、ここから、分かれやすくなっていました。

2011_01_08_mihama_121

花弁の外側になります。花弁の内側の下側は暗紫色をしていますが、外側一面同じ黄色をしています。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

カメラ | トケイソウ科 | バイク | バイク2011(CB1100) | マンホール | 大学院 | 家族 | 教育 | 日常 | 書籍・雑誌 | 植物_アオイ科 | 植物_アオギリ科 | 植物_アカネ科 | 植物_アカバナ科 | 植物_アブラナ科 | 植物_アヤメ科 | 植物_アロエ科 | 植物_イネ科 | 植物_イノモトソウ科 | 植物_イワウメ | 植物_ウリ科 | 植物_オウギバショウ | 植物_オシロイバナ科 | 植物_オトギリソウ科 | 植物_カキノキ科 | 植物_カタバミ | 植物_カンナ科 | 植物_ガガイモ科 | 植物_キキョウ | 植物_キク科 | 植物_キツネノマゴ科 | 植物_キョウチクトウ科 | 植物_キンポウゲ科 | 植物_クサトベラ科 | 植物_クスノキ科 | 植物_クマツヅラ | 植物_クワ科 | 植物_ゴクラクチョウカ科 | 植物_ゴマノハグサ科 | 植物_サガリバナ科 | 植物_サクラソウ科 | 植物_サボテン科 | 植物_シクンシ科 | 植物_シソ科 | 植物_シュウカイドウ科 | 植物_ショウガ科 | 植物_ジンチョウゲ科 | 植物_スイカズラ科 | 植物_スイレン | 植物_スベリヒユ科 | 植物_スミレ科 | 植物_ソテツ科 | 植物_タコノキ科 | 植物_チャセンシダ科 | 植物_ツユクサ科 | 植物_ツリフネソウ科 | 植物_ツルムラサキ科 | 植物_トウダイグサ科 | 植物_トベラ科 | 植物_ナス科 | 植物_ニシキギ科 | 植物_ノウゼンカズラ科 | 植物_ノウゼンハレン科 | 植物_ハマウツボ科 | 植物_バラ科 | 植物_バンレイシ | 植物_パパイア科 | 植物_パンヤ科 | 植物_ヒガンバナ科 | 植物_ヒナノシャクジョウ科 | 植物_ヒユ科 | 植物_ヒルガオ科 | 植物_フウチョウソウ科 | 植物_フウロソウ科 | 植物_ベンケイソウ科 | 植物_マキ科 | 植物_マツ科 | 植物_マメ科 | 植物_ミカン科 | 植物_ミソハギ科 | 植物_ムクロジ科 | 植物_ムラサキ科 | 植物_モクセイ科 | 植物_モクマオウ科 | 植物_ヤシ科 | 植物_ヤッコソウ科 | 植物_ユリ科 | 植物_ラン科 | 植物_リュウゼツラン科 | 植物_全般 | 沖縄