2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ

ウェブページ

植物_ウリ科

2019年9月 5日 (木)

ニガウリ

_20190905-2

一昨日は緑で,昨日で黄色くなり,今日見ると,台風の風雨の影響なのか,割れていました。

 

_20190905-4

 

実の下を見ると,黄色い実の部分や赤い種がありました。

 

_20190905-1

自分が植えているものなら,昨日の段階で,黄色のニガウリを収穫して,味見をしたと思います。

ニガウリを三日間,連続して観察したことがないので,こんなに変化があるとは思いませんでした。

目の前に起こる変化,気づく心の余裕が日々,ほしいです。

 

台風は沖縄島に直撃することなく通り過ぎるようです。大きな被害がないことを願っています。 

 

2019年9月 4日 (水)

黄色いニガウリ

 Dsc07130 Dsc07129  

 

昨日まで,ほとんど,緑色で少し黄色みがありました。

今朝見ると,完全に黄色になっていました。このまま,育てると中身が熟し,実が割れて,赤い種子が見えてきます。

 

黄色いニガウリを食べる習慣はありませんが,ちょっと甘みがあります。

 

台風が近づいています。風が強く吹いています。ちょっと心配です。

2018年7月12日 (木)

オキナワスズメウリ(2018/07/12)

2_2
 
浦添城跡で、オキナワスズメウリの実を見かけました。きれいな色をしていました。
 
夏の爽やかさを感じました。
 
実の大きさは約2から3cmぐらいです。食べたことがないので、食べられるかは
 
わかりません。観察していて、虫や鳥などに食べられた跡がなかったので、
 
食べられない可能性が大きいです。

2018年6月28日 (木)

ニガウリ(2018/06/28)

2_2  
1_2
 
暑い夏を乗り切るために、この時期、ニガウリがたくさん食べられています。
 
ニガウリも県外でも栽培されて、食される回数を多いと思います。でも、
 
沖縄料理のニガウリ炒めは、豆腐やポーク、卵などが入り、格別に美味しいと
 
思います。地元の料理、大切に食べて、夏を元気に過ごしたいです。
 
Img_1158_2
 

2015年4月16日 (木)

ヘチマ(2015/04/16)

Img_0920

 
昨日、職場近くのホームセンターで、ヘチマの苗と種子を買いました。
 
今年は、苗から育てるものと、種子をまいて育てるものの二種類に
 
チャレンジすることにしました。
 
他に、トマトやニガウリなども栽培にチャレンジしています。
 
 
実際に実るのといいなぁ! 

2013年8月24日 (土)

熟すると(2013/08/24)

Dsc_5655

 
 
熟すると,実がはじける
 
 
Dsc_5664
 
 
自然に落ちた種子から,また,芽が出て来る
 
 

ポチッとよろしく!

 

2013年7月26日 (金)

ヘチマ(2013/07/26)

Dsc_4608

 
数え切れないほどのヘチマの花がたくさん咲いています.
 
Dsc_4604
 
 
その花のほとんどが雄花(蕾の状態の方がわかりやすい)で,
 
しかも,花弁も葉を虫に食べられています.
 
 
Dsc_4613
 
花弁についている虫が食べているようです.
 
Dsc_4609
 
ヘチマを観察していて,やっと雌花の蕾を見つけることが
 
できました.
 
沖縄では,ナーべーラーという方言名で,ニガウリと同様に
 
夏野菜として食べられています.
 

2012年8月25日 (土)

ヘチマ(2012/08/25)

2012_08_11_001

ヘチマは,沖縄の方言で,「ナーべーラー」とよばれ,夏野菜として,食べられています.

県外の人にとっては,土臭いという理由など,食べ慣れない野菜だと聞いています.

2012_08_11_005

小学校の教材園などでは,夏休みになり,実が熟して大きくなっています.食べ頃をこしたものが多く見られます.子どもたちの観察時期と,植物の成長を教える側は調整するのですが,台風などの自然災害をはじめ,うまくいくことができません.

2012_08_11_006

5年生では,理科の学習で,「おばな」,「めばな」,「花びら」「がく」,「おしべ」「めしべ」などの用語が使用されます.学年全員が,おばな,めばなを1つずつ取り,分解して,学ぶことができたら,実感を伴った理解につながると思います.

2012_08_11_011

理科の授業で,じっくりと植物を観察し,スケッチする時間を確保したいです.あわただしく過ぎたり,子どもの興味関心の差から,じっくり植物を観察しないで,昆虫を追いかけ始めてしまい,注意をしないといけなくなります.昆虫に興味を持つことは間違ったことではないのですが,授業の目的にから,逸脱することは困ります.

2011年9月15日 (木)

ヘチマ(2011/09/15)

2011_09_15_001

ヘチマの実が緑色から茶色に変わり、中にある実も熟しています。

緑色の状態で、野菜として食する習慣がある沖縄では、茶色い実を

みる機会が少なくなります。

2011_09_15_002

小学校4年生理科をしたところ、ヘチマという植物名(和名)と

野菜として日頃使われているヘチマ(野菜:ヘチマの実)が

同レベルで使われて児童の観察記録がたくさんありました。

今度、指導する際は、その表現の違いを事前に意識して

指導する必要がわかりました。

もうすぐ台風がやってきます。このヘチマは台風で飛ばされて

しまうのかなぁ?

2011年8月30日 (火)

ヘチマの実(2011/08/30)

2011_08_29_001

昨日、職場で撮影したヘチマです。何回も台風が沖縄島に

上陸したので、ここまで来ることは難しいかと思ったけれど

どうにか実りました。

ヘチマを料理している人から見ると、野菜としての見方に

なり、おいしくないヘチマになります。調理するとわかります。

でも、小学校理科学習としてはよい教材になります。

2011_08_29_003

ヘチマの種子が取れそうまでに育った実もあります。

今年の沖縄は台風が多く、植物にダメージを多く

残しました。

それでも、植物は次の世代に種子を残すべく

工夫をしているように感じます。

その他のカテゴリー

01_沖縄 02_日常 03_家族 04_カメラ 05_バイク 06_教育 07_バイク2011(CB1100) 08_大学院 09 バイク旅行2016 10_自動車 11.iPhone.iPad.PC etc 12.癌について マンホール 書籍・雑誌 植物_アオイ科 植物_アオギリ科 植物_アカネ科 植物_アカバナ科 植物_アジサイ科 植物_アブラナ科 植物_アヤメ科 植物_アロエ科 植物_イネ科 植物_イノモトソウ科 植物_ウコギ科 植物_ウリ科 植物_オウギバショウ科 植物_オシロイバナ科 植物_オトギリソウ科 植物_カキノキ科 植物_カタバミ科 植物_カンナ科 植物_ガガイモ科 植物_キキョウ科 植物_キク科 植物_キツネノマゴ科 植物_キョウチクトウ科 植物_キントラノオ科 植物_キンポウゲ科 植物_クサトベラ科 植物_クスノキ科 植物_クマツヅラ科 植物_クワ科 植物_コショウ 植物_ゴクラクチョウカ科 植物_ゴマノハグサ科 植物_サガリバナ科 植物_サクラソウ科 植物_サボテン科 植物_シクンシ科 植物_シソ科 植物_シュウカイドウ科 植物_ショウガ科 植物_ジンチョウゲ科 植物_スイカズラ科 植物_スイレン 植物_スベリヒユ科 植物_スミレ科 植物_ソテツ科 植物_タコノキ科 植物_タデ科 植物_ダンドク科 植物_チャセンシダ科 植物_ツユクサ科 植物_ツリフネソウ科 植物_ツルムラサキ科 植物_トウダイグサ科 植物_トケイソウ科 植物_トベラ科 植物_ナス科 植物_ニシキギ科 植物_ノウゼンカズラ科 植物_ノウゼンハレン科 植物_ハスノハギリ科 植物_ハマウツボ科 植物_バラ科 植物_バンレイシ科 植物_パパイア科 植物_パンヤ科 植物_ヒガンバナ科 植物_ヒナノシャクジョウ科 植物_ヒユ科 植物_ヒルガオ科 植物_フウチョウソウ科 植物_フウロソウ科 植物_ベンケイソウ科 植物_マキ科 植物_マツ科 植物_マメ科 植物_ミカン科 植物_ミソハギ科 植物_ムクロジ科 植物_ムラサキ科 植物_モクセイ科 植物_モクマオウ科 植物_ヤシ科 植物_ヤッコソウ科 植物_ユキノシタ科 植物_ユリ科 植物_ラン科 植物_リュウゼツラン科 植物_リンドウ科 植物_全般