2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

ウェブページ

植物_スミレ科

2013年11月25日 (月)

リュウキュウコスミレ(2013/11/25)

_20131117_5

 
リュウキュウコスミレの白色です.紫色だけでは
 
ありません.植物について,学びはじめた頃は
 
別の名前があると思っていました.
 
_20131117_1_2
 
リュウキュウコスミレ:葉の形,広卵形
 
リュウキュウシロスミレ:葉の形,ほこ状矢
 
 
葉の形の違いが伝わると

2013年11月24日 (日)

リュウキュウシロスミレ(2013/11/24)

リュウキュウコスミレの白は見たことがあるのですが、

 
今回の観察で、はじめて、リュウキュウシロスミレの
 
見分け方を教えて頂きました。
 
_20131117_1
 
花のつくりでは、花びらの中央内側に毛があるのが 
 
リュウキュウシロスミレで、リュウキュウコスミレの
 
白には毛がありません。資料によると,リュウキュウシロ
 
スミレの花の色は,薄紫色から白色で,花弁には紫色の
 
縦条が数本入っているそうです.
 
_20131117_2
 
リュウキュウシロスミレの葉が、ほこ状矢の根形をしています。
 
リュウキュウコスミレの葉は、三角状披針形~卵形を
 
しています。違いがわかることが嬉しいです。

2012年2月27日 (月)

シロバナリュウキュウコスミレ

2011_01_31_097

上の植物は、リュウキュウコスミレです。いくつかの書物で調べてみると書かれており、1月からこの時期にかけてよく見られる植物です。

2010_12_19_nahaurasoe_154

ときどき、リュウキュウコスミレの白花を見ることがあります。葉の形も同じで、花が咲くまでわからない感じがします。

琉球植物目録では、

シロバナリュウキュウコスミレと書かれています。

沖縄植物野外活用図鑑第6巻 山地の植物を見ると

リュウキュウシロスミレと記述され、琉球植物目録と学名が違っています。

沖縄の自然を楽しむ「野草の本」では、リュウキュウシロスミレを記述され

リュウキュウコスミレの葉に比べて、やや長めと記載されています。

************************************

正しい和名とするなら、シロバナリュウキュウコスミレになりますが、

その特徴を持っていないため、私が正式に専門家から習うまでは

リュウキュウコスミレの白い花が咲く仲間があるねと、子どもたちに

話をしたいと思います。

2012年1月 7日 (土)

パンジー(2012/01/07)

2012_01_06_002_2

私自身、この植物の苗の状態で、観察したら、植物名がわからないと思います。たまたまいくつかの苗から花が咲いていたので、わかりました。

2012_01_06_004

この写真なら、「パンジー」と出てくるでしょうね。

かなり前に、義龍先生という私の同定を依頼している方にこの和名を伺ったところ、琉球植物目録で「サンシキスミレ」と習いました。今回、改めて、目録を見てみると、「サンシキスミレ」の園芸品種系で「パンジー」という品種も記載されているので、この名前を記載することにしました。

2012_01_06_006

園芸品種については、幅広すぎて、学んでいないので難しいことはわかりませんが、「ビオラ」という表現をする方もいます。琉球植物目録に学名として「Viola × wittrockiana」と記述されていました。「Viola」を日本語読みにして、ビオラという表現をしていることがわかりました。

2012_01_06_008

寒いこの時期に、頑張って植物が育っていきます。パンジーは寒さに強い植物の1つです。

2011年3月14日 (月)

サンシキスミレ

2011_03_14_001

勤務先の小学校では卒業式に向けて、サンシキスミレを育てています。その担当の方が手塩にかけて育てたものです。園芸名はパンジーですが、琉球植物目録ではサンシキスミレと記述されています。

2011_03_14_003

2011_03_14_004

今回、地震や津波、原子力発電所事故等によって、教育機関も麻痺した状態だと思います。ある掲示板で、「負けるもんか」というタイトルの投稿記事がありました。それを見ながら、心から応援したい気持ちでいっぱいになりました。

 亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

2011年3月13日 (日)

リュウキュウコスミレ(2011/3/13)

2011_03_13_ryukyukosumire_001

リュウキュウコスミレの写真です。実家の庭に育っています。

「沖縄の自然を楽しむ 野草の本」(屋比久 壮実 著)によると、

スミレの表面にはアリが好む物質が塗られていて、その種子をアリが地中の巣に運ぶといわれているそうです。歩道と塀の境目に器用に生えているスミレは、アリが運んでもらった種子から発芽したようですと記述されています。

2011_03_13_ryukyukosumire_003

地震や津波で被害が大きいと思います。被災地の皆様が元気に過ごしてほしいと願い、今日、撮影しました。

2011年3月 1日 (火)

リュウキュウコスミレ(1)

2011_01_31_089

リュウキュウコスミレがあちらこちらで咲いています。土がしっかりあるところばかりではなくコンクリートのわずかな隙間にも根付き開花しています。この植物の生命力の強さを感じます。開花は1月頃から、今も見られます。年中咲いているというより、時期があります。今年はいつ頃まで咲いているのだろう。

2011_01_31_095

葉に特徴があるので、花が咲かなくても、見つけることができます。camera

2011_01_31_104

1ミリ方眼紙の上に置いてみました。大きさがわかりやすいと思います。

「野に咲く花」(山と渓谷社)で、リュウキュウコスミレについて調べてみようと思ったら、記載されていませんでした。日本全国的に生息しているものではないだろうと考えています。

※4時半頃から起き出しています。これから仕事の準備です。今日も笑顔でがんばりたいです。

その他のカテゴリー

カメラ | トケイソウ科 | バイク | バイク2011(CB1100) | マンホール | 大学院 | 家族 | 教育 | 日常 | 書籍・雑誌 | 植物_アオイ科 | 植物_アオギリ科 | 植物_アカネ科 | 植物_アカバナ科 | 植物_アブラナ科 | 植物_アヤメ科 | 植物_アロエ科 | 植物_イネ科 | 植物_イノモトソウ科 | 植物_イワウメ | 植物_ウリ科 | 植物_オウギバショウ | 植物_オシロイバナ科 | 植物_オトギリソウ科 | 植物_カキノキ科 | 植物_カタバミ | 植物_カンナ科 | 植物_ガガイモ科 | 植物_キキョウ | 植物_キク科 | 植物_キツネノマゴ科 | 植物_キョウチクトウ科 | 植物_キンポウゲ科 | 植物_クサトベラ科 | 植物_クスノキ科 | 植物_クマツヅラ | 植物_クワ科 | 植物_ゴクラクチョウカ科 | 植物_ゴマノハグサ科 | 植物_サガリバナ科 | 植物_サクラソウ科 | 植物_サボテン科 | 植物_シクンシ科 | 植物_シソ科 | 植物_シュウカイドウ科 | 植物_ショウガ科 | 植物_ジンチョウゲ科 | 植物_スイカズラ科 | 植物_スイレン | 植物_スベリヒユ科 | 植物_スミレ科 | 植物_ソテツ科 | 植物_タコノキ科 | 植物_チャセンシダ科 | 植物_ツユクサ科 | 植物_ツリフネソウ科 | 植物_ツルムラサキ科 | 植物_トウダイグサ科 | 植物_トベラ科 | 植物_ナス科 | 植物_ニシキギ科 | 植物_ノウゼンカズラ科 | 植物_ノウゼンハレン科 | 植物_ハマウツボ科 | 植物_バラ科 | 植物_バンレイシ | 植物_パパイア科 | 植物_パンヤ科 | 植物_ヒガンバナ科 | 植物_ヒナノシャクジョウ科 | 植物_ヒユ科 | 植物_ヒルガオ科 | 植物_フウチョウソウ科 | 植物_フウロソウ科 | 植物_ベンケイソウ科 | 植物_マキ科 | 植物_マツ科 | 植物_マメ科 | 植物_ミカン科 | 植物_ミソハギ科 | 植物_ムクロジ科 | 植物_ムラサキ科 | 植物_モクセイ科 | 植物_モクマオウ科 | 植物_ヤシ科 | 植物_ヤッコソウ科 | 植物_ユリ科 | 植物_ラン科 | 植物_リュウゼツラン科 | 植物_全般 | 沖縄