2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

無料ブログはココログ

ウェブページ

植物_アブラナ科

2015年2月 3日 (火)

満開(2015/02/03)

リハビリのために、階段の上り下りをしています。

その階段にある窓から見ると、黄色い花が見えました。

入院して、初めて、病院外に出ました。駐車場の向こうに

ある畑まで、ゆっくり歩いて行きました。

Image



カラシナの花です。花弁4枚、雄しべ6本、雌しべ1本で

アブラナ科の花の特徴です。

Image_2


近く行ってわかったのですが、大根の花も満開でした。同じアブラナ科の

植物なので、花のつくりが一緒でした。

退院したら、リハビリ、兼ねてあちらこちらに行きたいです。早く身体の

自由を取り戻したいです。

2014年4月25日 (金)

蕾を食べてます(2014/04/25)

普段、野菜として食べています。

 
20144022__15
 
野菜と言えば、実を食べたり、葉を食べたりしますが
 
この野菜は、蕾を食べます。今年は、小学校5年生の
 
理科教材として、花のつくりを観察するために、抜かずに
 
そのまま育てていました。
 
 
 
 
 
 
 20144022__18
 
 
アブラナ科の花のつくりの特徴である花弁4枚
 
雄しべ6本、雌しべ1本がはっきりと観察できます。
 
 
 
 
 
 
 
 
20144022__8
 
その蕾を食べるものが、ブロッコリーです。
 
 
 
 
 
 
今回、撮影していたら、昆虫もいました。
 
でも、昆虫には詳しくないので、名前がわかりません(^_^;)
 
 
20144022__1
 
 
今年の沖縄の冬は、長かったです。今、春から夏に
 
向けて一気に駆け出そうとしているように感じています。

2011年3月17日 (木)

カラシナ

2011_03_15_001

小学校には野菜などを植える教材園というものがあります。そこに生えていたものでアブラナ科カラシナです。これまでの更新記事でカラシナとしていたものは、アブラナ科アブラナと修正しました。間違えた記事を投稿したことをお詫び申し上げます。(その記事は修正しました)

2011_03_15_002

植えてはえてきたのではなく、落ち種からいつのまにか生えて、花まで咲かせています。この教材園は風が強く、写真撮影ができませんした。風が弱いときに撮影できたらいいなぁと思います。

2011年3月 9日 (水)

キャベツ

2011_03_08_029

1月頃から、教材園に植えられているキャベツです。それは、4月3年生で、モンシロチョウの幼虫観察が始まるからです。5年生の子どもたちにキャベツが植えられているところはどこだろうとこの写真を見せてきいたところ、わかる子とわからない子がいました。

それぞれの子にとって興味あることはよくわかります。それ以外の情報・認知はゆっくりのようです。

キャベツはアブラナ科の植物です。花が咲くまで育ててみたいと思っています。

2011年3月 4日 (金)

ダイコン(20110304)

2011_02_27_179

畑に植えられている植物です。花のつくりなどから、アブラナ科であることは間違いありません。白い花ということで、いろいろと調べてみると、ダイコンのようです。

2011_02_27_109

ダイコンなら下の方が盛り上がるように見えるのですが、まだ、そこまで成長していないようです。この植物もしばらく、継続観察が必要です。

2011_02_27_177

実もできていましたが、熟していないため、緑色をしていました。

撮影日時は2011/2/27です。

場所は、浦添市沢岻の畑です。

2011年3月 2日 (水)

カラシナからアブラナへ訂正

2011_02_27_169

アブラナ科アブラナと考えます。植物の下方に大きな葉が見られないからです。当初、畑に植えられているから野菜である「カラシナ」と思ったのですが、間違いになります。間違えた情報になってしまい、ごめんなさい。

2011_02_27_166

アブラナ科は、花のつくり(雌しべ、雄しべ、花弁、萼)の違いがわかりやすく、上の花が咲く頃に下の方の花は実になっています。そのため、昔の理科の教科書では、この植物が記載されていました。

その他のカテゴリー

01_沖縄 02_日常 03_家族 04_カメラ 05_バイク 06_教育 07_バイク2011(CB1100) 08_大学院 09 バイク旅行2016 10_自動車 11.iPhone.iPad.PC etc 12.癌について マンホール 書籍・雑誌 植物_アオイ科 植物_アオギリ科 植物_アカネ科 植物_アカバナ科 植物_アジサイ科 植物_アブラナ科 植物_アヤメ科 植物_アロエ科 植物_イネ科 植物_イノモトソウ科 植物_ウコギ科 植物_ウリ科 植物_オウギバショウ科 植物_オシロイバナ科 植物_オトギリソウ科 植物_カキノキ科 植物_カタバミ科 植物_カンナ科 植物_ガガイモ科 植物_キキョウ科 植物_キク科 植物_キツネノマゴ科 植物_キョウチクトウ科 植物_キントラノオ科 植物_キンポウゲ科 植物_クサトベラ科 植物_クスノキ科 植物_クマツヅラ科 植物_クワ科 植物_ゴクラクチョウカ科 植物_ゴマノハグサ科 植物_サガリバナ科 植物_サクラソウ科 植物_サボテン科 植物_シクンシ科 植物_シソ科 植物_シュウカイドウ科 植物_ショウガ科 植物_ジンチョウゲ科 植物_スイカズラ科 植物_スイレン 植物_スベリヒユ科 植物_スミレ科 植物_ソテツ科 植物_タコノキ科 植物_タデ科 植物_ダンドク科 植物_チャセンシダ科 植物_ツユクサ科 植物_ツリフネソウ科 植物_ツルムラサキ科 植物_トウダイグサ科 植物_トケイソウ科 植物_トベラ科 植物_ナス科 植物_ニシキギ科 植物_ノウゼンカズラ科 植物_ノウゼンハレン科 植物_ハスノハギリ科 植物_ハマウツボ科 植物_バラ科 植物_バンレイシ科 植物_パパイア科 植物_パンヤ科 植物_ヒガンバナ科 植物_ヒナノシャクジョウ科 植物_ヒユ科 植物_ヒルガオ科 植物_フウチョウソウ科 植物_フウロソウ科 植物_ベンケイソウ科 植物_マキ科 植物_マツ科 植物_マメ科 植物_ミカン科 植物_ミソハギ科 植物_ムクロジ科 植物_ムラサキ科 植物_モクセイ科 植物_モクマオウ科 植物_ヤシ科 植物_ヤッコソウ科 植物_ユキノシタ科 植物_ユリ科 植物_ラン科 植物_リュウゼツラン科 植物_リンドウ科 植物_全般