2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

ウェブページ

植物_クワ科

2016年6月14日 (火)

ギランイヌビワ(2016/06/14)

20160612__6

クワ科 ギランイヌビワです。琉球植物目録では、自生する

地域に、先島(宮古島、石垣島など)とあります。沖縄島は

書かれていません。今回、撮影した場所は、琉球大学中央

学生食堂と理学部の間に植栽されており、教えてくれる人が

いないと同定できませんでした。果実は幹につき、「幹生花」と

いう咲き方をします。

20160612__5

ギランイヌビワは、常緑の高木で、径が80cmに達するそうです。

このギランイヌビワは、板根という根の張り方をしていくそうです。

根が下に向かって生えるのではなく、横に向かって広がり、幹が

倒れないようにするそうです。

2015年10月 5日 (月)

パラミツ(2015/10/05)

_20150923_2

 
熱帯ドリームセンターの温室に行きました。パラミツの実がついていました。
 
大変、大きい実です。調べて見ると、クワ科の植物です。手元の資料に記載
 
されていないと思ったら、記載されていました。
 
****************************************************
 
果肉は黄色でパイナップルに似ている。未熟果は野菜として煮たり油で揚げる。
 
種子はクリに似た味で焼いて食用とする。世界最大の果実である。
 
****************************************************
 
私はパラミツを食べたことがありません。いつか、食べる機会があるといいなぁ!
 
 

2012年8月15日 (水)

ガジュマル(2012/08/15)

2012_08_11_001_3

ガジュマルはクワ科の木本で、沖縄県内の至る所で育っています。

2012_08_11_002_3

このガジュマルは、那覇市立石嶺小学校敷地内に移植され、現在に至っています。

2012_08_11_003_3

ガジュマルについて、勉強する前は、花が咲かないけれど、どうして実ができるのだろうと素朴な疑問を持っていました。

2012_08_11_006_3

ガジュマルも花は咲いているのです。一度、調べてみると植物の世界が広がると思います。

2011年4月 2日 (土)

オオイタビ

2011_03_21_002

クワ科オオイタビです。沖縄では、ブロック塀や石垣などにくっついて生えています。生育条件によって、見た目が大きく変わります。この写真は、那覇市大石公園で撮影したものです。

沖縄植物野外活用図鑑(池原直樹 著)では、「無花果で倒卵状球形で紫色に熟します」とあります。無花果は、イチジクと読みます。花嚢 を付け内部に小さな雌花か雄花を咲かせる雌雄異株です。

2011_03_21_004

大きさは上のような写真になります。

2011_03_21_003

花嚢 の中を半分に切ったものですが、まず、花が咲いていないことがわかります。次にこれから雄花なのか、雌花なのかについて、わかりません。勉強の必要がありますweep

2011年3月 5日 (土)

ガジュマル(2011/3/5)

琉球新報2011年3月3日に掲載されていた「ひんぷんガジュマル救え」のガジュマルの撮影をしてきました。

2011_03_05_042

「ガジュマル」は、クワ科の木本です。沖縄植物野外活用図鑑第4巻海辺の植物とシダ植物(池原直樹 著)によると「海岸近くの隆起サンゴ礁石灰岩地域にみられる常緑の高木。幹は直立し、高さ10から15mくらいになり、気根を垂らしています。(略)」と記述されています。

2011_03_05_050

琉球新報の新聞記事によると、2002年の台風で倒木の危機になり、支え棒で支えているとありました。このガジュマルは名護市の旧街道にあり、昔から地域に親しまれています。

「ひんぷん」とは、琉球建築の民家における典型的な様式のひとつで、門と母屋との間に設けられる「目隠し」をさし、「魔除け」という役割もあります。このガジュマルもその意味で大切にされています。

2011_03_05_051

沖縄では、ガジュマルには「キジムナー」といわれる妖怪がすんでいるといわれ、一度、仲良くなると親切にしてくれると伝えられています。catface

その他のカテゴリー

01_沖縄 | 02_日常 | 03_家族 | 04_カメラ | 05_バイク | 06_教育 | 07_バイク2011(CB1100) | 08_大学院 | マンホール | 書籍・雑誌 | 植物_アオイ科 | 植物_アオギリ科 | 植物_アカネ科 | 植物_アカバナ科 | 植物_アジサイ科 | 植物_アブラナ科 | 植物_アヤメ科 | 植物_アロエ科 | 植物_イネ科 | 植物_イノモトソウ科 | 植物_ウリ科 | 植物_オウギバショウ科 | 植物_オシロイバナ科 | 植物_オトギリソウ科 | 植物_カキノキ科 | 植物_カタバミ科 | 植物_カンナ科 | 植物_ガガイモ科 | 植物_キキョウ科 | 植物_キク科 | 植物_キツネノマゴ科 | 植物_キョウチクトウ科 | 植物_キントラノオ科 | 植物_キンポウゲ科 | 植物_クサトベラ科 | 植物_クスノキ科 | 植物_クマツヅラ科 | 植物_クワ科 | 植物_ゴクラクチョウカ科 | 植物_ゴマノハグサ科 | 植物_サガリバナ科 | 植物_サクラソウ科 | 植物_サボテン科 | 植物_シクンシ科 | 植物_シソ科 | 植物_シュウカイドウ科 | 植物_ショウガ科 | 植物_ジンチョウゲ科 | 植物_スイカズラ科 | 植物_スイレン | 植物_スベリヒユ科 | 植物_スミレ科 | 植物_ソテツ科 | 植物_タコノキ科 | 植物_タデ科 | 植物_ダンドク科 | 植物_チャセンシダ科 | 植物_ツユクサ科 | 植物_ツリフネソウ科 | 植物_ツルムラサキ科 | 植物_トウダイグサ科 | 植物_トケイソウ科 | 植物_トベラ科 | 植物_ナス科 | 植物_ニシキギ科 | 植物_ノウゼンカズラ科 | 植物_ノウゼンハレン科 | 植物_ハスノハギリ科 | 植物_ハマウツボ科 | 植物_バラ科 | 植物_バンレイシ科 | 植物_パパイア科 | 植物_パンヤ科 | 植物_ヒガンバナ科 | 植物_ヒナノシャクジョウ科 | 植物_ヒユ科 | 植物_ヒルガオ科 | 植物_フウチョウソウ科 | 植物_フウロソウ科 | 植物_ベンケイソウ科 | 植物_マキ科 | 植物_マツ科 | 植物_マメ科 | 植物_ミカン科 | 植物_ミソハギ科 | 植物_ムクロジ科 | 植物_ムラサキ科 | 植物_モクセイ科 | 植物_モクマオウ科 | 植物_ヤシ科 | 植物_ヤッコソウ科 | 植物_ユキノシタ科 | 植物_ユリ科 | 植物_ラン科 | 植物_リュウゼツラン科 | 植物_リンドウ科 | 植物_全般