2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

ウェブページ

植物_ユリ科

2015年4月29日 (水)

テッポウユリ(2015/04/29)

Img_1011

テッポウユリといえば、沖縄では伊江島のゆり祭りが有名ですが、私は一度も行ったこと
 
がありません。今年は4月18日~5月6日の開催らしいので、期間中には行けませんが、ゆ
 
りが咲いている間に伊江島に行ってみたいなあと思っています。
 
那覇市内でも識名にある大石盛公園で、先週、テッポウユリ祭りが開催されていました。
 
今日、沖縄は雨が降っています。私の住んでいる地域でもたくさんのテッポウユリが咲い
 
ており、雨の日には、雨で流れた花粉が、白く光った花弁を一筋の光の道のように黄色に
 
染めている姿がとても美しく感じます。
 
沖縄島、もうすぐ梅雨に入ります。
 
 

2014年5月17日 (土)

時期外れ(2014/05/17)

今週に入り、宜野座村松田の国道沿いに

 

テッポウユリが咲き始めています。伊江島の

 

ユリ祭りはGWに終わりを迎え、ほぼテッポウユリの

 

開花時期は終わっています。同じ村内にテッポウユリも

 

咲き終えていて、その当たりだけ気象条件等によって

 

影響を受けているのかなと考えていました。

 

Dsc_0112

 

梅雨の合間に、撮影をしました。今年の梅雨は

 

しっかりと恵の雨を降らせてくれています。

 

Dsc_0118

 

この地域のテッポウユリの開花が遅れているので

 

不思議ですねと、職場の同僚に話をしたら、植栽して

 

いるところを見たけれど、植えるのが遅かったから

 

と答えを教えてくれました。

 

Dsc_0121

 

写真を撮っているときは、気付かなかったのですが

 

撮影したデータをよく見ると、予想外のものが写り

 

込んでいました。   

2014年4月27日 (日)

伊江島ではないけれど(2014/04/27)

伊江島では、4月中旬からGW終わり頃まで、

 
テッポウユリが見頃です。伊江島に、大学時代の友人が
 
住んでいて、いつかテッポウユリを見に行きたいと思い
 
ながら、行ったことがありません。 
 
 
勤務経路の途中で、テッポウユリが見事にさいている
 
場所があります。 
 
 
20140424__4
 
それに気づいて、数日後、通勤途中、朝早い時刻に
 
撮影しました。 
 
 
 
20140424__14
 
 
撮影した日は、小雨が降っていたので、車の中からの
 
撮影になりました。
 
 
 
 
 
20140424__17  
 
 
職場にいる知人に、ユリの香りにアレルギーというのか
 
頭痛がするという人がいます。人によって、どんなに
 
素敵なものでも、それが苦手とする人がいるのだと
 
改めて感じています。 
 
教育も、評価される教科では厳しい結果を残す子が
 
いますが、その中の一部の子には、掃除が大変上手で
 
誰に対してもやさしい子や気が利く子がいます。その子を
 
評価する基準(テスト)がないのが残念です。私の中では、
 
そのような子は大人になって実社会で生き抜くことができると
 
考えています。
 
皆さんはどう思いますか?

2014年1月 4日 (土)

タイワンホトトギズ(2014/01/04)

タイワンホトトギス(ユリ科)の植物です.

 
実家の庭に咲いていました.資料によると
 
秋から冬にかけて咲く植物だそうです.
 
Dsc_7561
 
資料によると,地下茎で繁殖するとありましたが,結実も
 
するようです.
 
Dsc_7558
 
 
実家では鉢植えで育てていました. 
 
Dsc_7546

2012年8月13日 (月)

ヤブラン(2012/08/13)

2012_08_11_002

ユリ科ヤブランです。

2012_08_11_003_2

撮影場所:那覇市立石嶺小学校

2012_08_11_005

2012_08_11_006

資料によると、「海岸に近くに生える多年草本。地ぎわから多数の葉を出して

叢生(そうせい)する」

2011年4月20日 (水)

テッポウユリ(3)(2011/04/20)

2011_04_17_018

テッポウユリの外花被、内花被を取り除いた状態です。雌しべが1本、雄しべが6本あります。

2011_04_17_019

雄しべの先の約にたくさんの花粉がついていることがわかります。

2011_04_17_020

雌しべの子房部分がはっきりわかります。受粉がうまくいくと、子房が大きくなっていきます。

テッポウユリ(2)(2011/04/20)

2011_04_17_009_2

テッポウユリの大きさは約15cmぐらいです。

2011_04_17_011

ユリ科の花は、萼と花弁が一見同じように見え、萼にあたる部分を外花被、花弁にあたる部分を内花被といいます。上の写真では、右側3枚が外花被、左側3枚が内花被になります。

2011_04_17_013

外花被、内花被を横から見るとほぼ同じ長さをしていますが、正面から見ると、右側は外花被で幅が若干せまく、左側の内花被で幅が広いことがわかります。

2011_04_17_015

上の写真では、上から内花被、外花被の順に並べてみました。花を分解しないとわかりにくい違いです。

2011年4月19日 (火)

テッポウユリ(1)(2011/04/19)

2011_04_17_001_3

那覇市立識名小学校近くにある大石公園に植えられているテッポウユリの開花が始まっています。すべての株が咲いているわけではありません。これから見頃だと思います。

2011_04_17_003_2

花粉の黄色が白色について、鮮やかでした。ユリの花粉は小さいために洋服につくと落ちにくいといわれているので、気をつけてくださいね。

2011_04_17_005

花が一斉に同じ方向を向いていそうですが、ときどき、反対側に咲いていものがありました。もったいない・・・と感じました。sign02

2011年3月23日 (水)

テッポウユリ(大石公園)

2011_03_21_002

日曜日に那覇市大石公園へ行きました。テッポウユリに蕾が確認できました。沖縄ではGW頃に満開をむかえます。

2011_03_21_007

植物は次々に変化し、春や夏を表現する準備をしています。

2011年3月12日 (土)

テッポウユリ(2011/3/6)

地震及び、津波、原発等の被害が気になる中、ブログ更新をします。苦しいときですが、必ず自然を見て、その喜びを感じられることを信じています。

*************************************

2011/3/6に、首里城近くの崎山公園付近に植えられていたテッポウユリです。5月頃になると、見頃となると思います。沖縄では伊江島のテッポウユリが、有名です。まだ、行ったことはありませんが、いつかは行きたいなぁと思います。

2011_03_06_003

2011_03_06_005

その他のカテゴリー

01_沖縄 | 02_日常 | 03_家族 | 04_カメラ | 05_バイク | 06_教育 | 07_バイク2011(CB1100) | 08_大学院 | マンホール | 書籍・雑誌 | 植物_アオイ科 | 植物_アオギリ科 | 植物_アカネ科 | 植物_アカバナ科 | 植物_アジサイ科 | 植物_アブラナ科 | 植物_アヤメ科 | 植物_アロエ科 | 植物_イネ科 | 植物_イノモトソウ科 | 植物_ウリ科 | 植物_オウギバショウ科 | 植物_オシロイバナ科 | 植物_オトギリソウ科 | 植物_カキノキ科 | 植物_カタバミ科 | 植物_カンナ科 | 植物_ガガイモ科 | 植物_キキョウ科 | 植物_キク科 | 植物_キツネノマゴ科 | 植物_キョウチクトウ科 | 植物_キンポウゲ科 | 植物_クサトベラ科 | 植物_クスノキ科 | 植物_クマツヅラ科 | 植物_クワ科 | 植物_ゴクラクチョウカ科 | 植物_ゴマノハグサ科 | 植物_サガリバナ科 | 植物_サクラソウ科 | 植物_サボテン科 | 植物_シクンシ科 | 植物_シソ科 | 植物_シュウカイドウ科 | 植物_ショウガ科 | 植物_ジンチョウゲ科 | 植物_スイカズラ科 | 植物_スイレン | 植物_スベリヒユ科 | 植物_スミレ科 | 植物_ソテツ科 | 植物_タコノキ科 | 植物_チャセンシダ科 | 植物_ツユクサ科 | 植物_ツリフネソウ科 | 植物_ツルムラサキ科 | 植物_トウダイグサ科 | 植物_トケイソウ科 | 植物_トベラ科 | 植物_ナス科 | 植物_ニシキギ科 | 植物_ノウゼンカズラ科 | 植物_ノウゼンハレン科 | 植物_ハマウツボ科 | 植物_バラ科 | 植物_バンレイシ科 | 植物_パパイア科 | 植物_パンヤ科 | 植物_ヒガンバナ科 | 植物_ヒナノシャクジョウ科 | 植物_ヒユ科 | 植物_ヒルガオ科 | 植物_フウチョウソウ科 | 植物_フウロソウ科 | 植物_ベンケイソウ科 | 植物_マキ科 | 植物_マツ科 | 植物_マメ科 | 植物_ミカン科 | 植物_ミソハギ科 | 植物_ムクロジ科 | 植物_ムラサキ科 | 植物_モクセイ科 | 植物_モクマオウ科 | 植物_ヤシ科 | 植物_ヤッコソウ科 | 植物_ユリ科 | 植物_ラン科 | 植物_リュウゼツラン科 | 植物_全般