2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

ウェブページ

植物_ノウゼンカズラ科

2017年2月11日 (土)

カエンカズラ(2017/02/11)

先週見た沖縄タイムスという新聞で、カエンカズラの記事がありました。

場所は、南城市大里大城 大城公民館近くでした。今日そこへ、行きました。

 

Img_6864

壁一面のオレンジ色が大変きれいでした。そこにたどり着くまで

緑はたくさん見ましたが、色鮮やかな花はありませんでした。

その場所だけ、輝いている感じでした。

Img_6868

那覇市内でも、カエンカズラをたくさん見ますが、これほど

見事に咲いている場所はないと思います。

Img_6869

ニュースでは、大雪の話題もありますが、沖縄は

温かく、きれいな花が咲いています。

2016年1月20日 (水)

黄色(2016/1/20)

カエンボクはオレンジ色の花が咲いています。

同じ花の形で,ときどき,黄色の花が咲く

カエンボクがあります。

_20160116_54

豊見城市の道路沿いにあるバス停で観察することが

できます。

_20160116_35

黄色は珍しいので,見つけるとうれしくなります。

花は咲いていますが,沖縄島,寒波が押し寄せて

います。

2016年1月19日 (火)

カエンボク(2016/1/19)

那覇市内でカエンボクが咲き始めています。

熱帯アフリカ原産で,高さが20mにもなります。

_20160116_7

街路樹や公園などに植えられています。

_20160116_11

下から見上げると,花の大きさがわかりにくいです。

小さく見えますが,実際は花の大きさが10cmもある花です。

2013年11月16日 (土)

ピンク or ムラサキ(2013/11/16)

近頃,周りでニンニクカズラの花が一斉に

 
咲き始めました.
 
_20131115_13_3
 
今日の那覇市は曇り空で,あと少し,青空だと
 
色鮮やかに撮影できたかも知れません.
 
今回,観察していて,意外にミツバチがたくさん
 
いました.ニンニクカズラの実は,花がたくさん
 
咲くわりには,それほど,実をつけません.
 
_20131115_33_2
 
ところで,この花の色は,ピンクなのか,ムラサキなのかを
 
迷ってしまいます.みなさんは,何色と表現しますか?

2012年8月28日 (火)

ジャカランダ(2012/08/28)

2012_08_11_001_4

ジャカランダの2回羽状複葉の葉です.小葉の先が尖っているのが特徴だそうです.

ジャカランダは,学名のJacarandaから来ています.琉球植物目録では,カッコ書きの和名として,シウンボクが記載されています.

シウンボクとは「紫雲木」と書かれ,紫色の花が咲きます.

植栽されているところ,首里劇場の近く,与儀小学校の裏門,石嶺小学校の中庭などです.もちろん,他にもたくさん植栽されていると思います.

2012年8月14日 (火)

カキバカンコノキ(2012/08/14)

2012_08_11_004

カキバカンコノキは分布九州から、沖縄、東南アジアだそうです。

2012_08_11_006_2

2012_08_11_008

この植物の同定に際しては、一緒にいった方がたぶん、そうかなぁといっていました。

家でいくつかの資料を見たのですが、枝に刺があることが記載されているカットや説明がありませんでした。cloud

カエンボク(2012/08/14)

2012_08_11_001_2

カエンボクです。幹の色と葉の色から、ナンバンサイカチかなぁと思って発言したら、一緒に観察にいった専門の方に「カエンボク」だよと教えて頂きました。

2012_08_11_002_2

カエンボクの特徴は、葉が奇数羽状複葉であることです。今度、ナンバンサイカチの葉を撮影して、その違いを見比べてみたいと思います。

専門家と一緒にいると、いろいろなことが学べて楽しい時間が過ごせます。

2011年8月31日 (水)

モモイロノウゼン(2011/08/31)

2011_08_30_005

この花が咲き始めています。この植物の名前として、モモイロノウゼンとキダチベニノウゼンが候補として考えられます。

2011_08_30_007

資料によると、モモイロノウゼンの葉は5小葉で、小葉の先がとがっている。

キダチベニノウゼンの葉も5小葉ですが、小葉の先にとがっていない。(丸みを帯びている)。

このことから、この植物の和名は、「モモイロノウゼン」としたいと思います。

資料によると、モモイロノウゼンの開花時期は6月から8月、キダチベニノウゼンの

開花時期は3月から5月とあります。しかし、台風の影響で、開花時期にはかなりの

ずれが発生している場合があるので、それだけでは、同定の資料として難しいと

思います。

2011年4月22日 (金)

カエンボク(2011/04/22)

2011_04_17_004

那覇市立神原小学校前のバス停にあるカエンボクに、花がたくさん咲き、観察がしやすい状況です。

2011_04_17_005

カエンボクの花は、いつも下から見上げるようにしか観察できませんが、このカエンボクでは花を上から安全観察できることができます。

2011_04_17_008 2011_04_17_009

ps:今週も金曜日までたどり着きました。happy01 休みにはしっかりとリフレッシュをしましょうね。

2011年4月21日 (木)

コガネノウゼン(2011/04/21)

2011_04_17_001_4

黄色いコガネノウゼンの開花時期が終わり、その木には実がなっています。

2011_04_17_002_2

いつもの実が長くぶら下がっています。

2011_04_17_003_3

2011_04_17_006_2

今回、撮影したものの中で一番長いものは約30cmもありました。

2011_04_17_007_2

実が大きく成長していますが、その実を縦に切ってみると、種子の形は、はっきりとしていません。この実が熟すると、ノウゼンカズラ科に共通する種子の形を確認することができます。その記録もしっかりと残したいです。

その他のカテゴリー

01_沖縄 | 02_日常 | 03_家族 | 04_カメラ | 05_バイク | 06_教育 | 07_バイク2011(CB1100) | 08_大学院 | 09 バイク旅行2016 | マンホール | 書籍・雑誌 | 植物_アオイ科 | 植物_アオギリ科 | 植物_アカネ科 | 植物_アカバナ科 | 植物_アジサイ科 | 植物_アブラナ科 | 植物_アヤメ科 | 植物_アロエ科 | 植物_イネ科 | 植物_イノモトソウ科 | 植物_ウリ科 | 植物_オウギバショウ科 | 植物_オシロイバナ科 | 植物_オトギリソウ科 | 植物_カキノキ科 | 植物_カタバミ科 | 植物_カンナ科 | 植物_ガガイモ科 | 植物_キキョウ科 | 植物_キク科 | 植物_キツネノマゴ科 | 植物_キョウチクトウ科 | 植物_キントラノオ科 | 植物_キンポウゲ科 | 植物_クサトベラ科 | 植物_クスノキ科 | 植物_クマツヅラ科 | 植物_クワ科 | 植物_ゴクラクチョウカ科 | 植物_ゴマノハグサ科 | 植物_サガリバナ科 | 植物_サクラソウ科 | 植物_サボテン科 | 植物_シクンシ科 | 植物_シソ科 | 植物_シュウカイドウ科 | 植物_ショウガ科 | 植物_ジンチョウゲ科 | 植物_スイカズラ科 | 植物_スイレン | 植物_スベリヒユ科 | 植物_スミレ科 | 植物_ソテツ科 | 植物_タコノキ科 | 植物_タデ科 | 植物_ダンドク科 | 植物_チャセンシダ科 | 植物_ツユクサ科 | 植物_ツリフネソウ科 | 植物_ツルムラサキ科 | 植物_トウダイグサ科 | 植物_トケイソウ科 | 植物_トベラ科 | 植物_ナス科 | 植物_ニシキギ科 | 植物_ノウゼンカズラ科 | 植物_ノウゼンハレン科 | 植物_ハスノハギリ科 | 植物_ハマウツボ科 | 植物_バラ科 | 植物_バンレイシ科 | 植物_パパイア科 | 植物_パンヤ科 | 植物_ヒガンバナ科 | 植物_ヒナノシャクジョウ科 | 植物_ヒユ科 | 植物_ヒルガオ科 | 植物_フウチョウソウ科 | 植物_フウロソウ科 | 植物_ベンケイソウ科 | 植物_マキ科 | 植物_マツ科 | 植物_マメ科 | 植物_ミカン科 | 植物_ミソハギ科 | 植物_ムクロジ科 | 植物_ムラサキ科 | 植物_モクセイ科 | 植物_モクマオウ科 | 植物_ヤシ科 | 植物_ヤッコソウ科 | 植物_ユキノシタ科 | 植物_ユリ科 | 植物_ラン科 | 植物_リュウゼツラン科 | 植物_リンドウ科 | 植物_全般