2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

無料ブログはココログ

ウェブページ

植物_クスノキ科

2011年5月 1日 (日)

クスノキ(2)(2011/05/01)

2011_04_10_010

「樹に咲く花 離弁花1」(山と渓谷社)によると、若葉のわきから円錐花序をだし、小さな黄緑色の花をまばらにつける。花は放射相称、花被は筒形で上部はふつう6裂する。

2011_04_10_016

目の前にある樹木で、わからないことがひとつわかったので、ひとつ知恵が増えました。

クスノキ(1)(2011/05/01)

2011_04_10_001

2011_04_10_006

2011_04_10_007

今日、久しぶりに植物に詳しい知り合いにあいました。上の三枚の写真から、この植物名を教えてとお願いしたところ、てっきり、花からその植物名を同定するのかなぁと思ったら、葉の写真からでした。

クスノキ科クスノキについて、資料を調べてみました。山と渓谷社 発行の「山渓ハンディ図鑑 3 樹に咲く花 離弁花」には、クスノキ(1)、クスノキ(2)が載っており、私が観察したのは、クスノキ(2)の方になります。

葉について書かれている記述で、同定の基準になったことは「主脈と主脈の基部近くから伸びる2本の支脈。脈腋にはふつう小孔があるのが特徴で、まれに虫えいが生じる。」になります。葉の拡大写真は、GW期間中に撮影してきたいと思います。

観察はやっぱり難しいですね。ものを見る視点を豊かにする必要があると同時に、人から積極的に習うことも必要だと感じました。

その他のカテゴリー

01_沖縄 02_日常 03_家族 04_カメラ 05_バイク 06_教育 07_バイク2011(CB1100) 08_大学院 09 バイク旅行2016 10_自動車 11.iPhone.iPad.PC etc 12.癌について マンホール 書籍・雑誌 植物_アオイ科 植物_アオギリ科 植物_アカネ科 植物_アカバナ科 植物_アジサイ科 植物_アブラナ科 植物_アヤメ科 植物_アロエ科 植物_イネ科 植物_イノモトソウ科 植物_ウコギ科 植物_ウリ科 植物_オウギバショウ科 植物_オシロイバナ科 植物_オトギリソウ科 植物_カキノキ科 植物_カタバミ科 植物_カンナ科 植物_ガガイモ科 植物_キキョウ科 植物_キク科 植物_キツネノマゴ科 植物_キョウチクトウ科 植物_キントラノオ科 植物_キンポウゲ科 植物_クサトベラ科 植物_クスノキ科 植物_クマツヅラ科 植物_クワ科 植物_ゴクラクチョウカ科 植物_ゴマノハグサ科 植物_サガリバナ科 植物_サクラソウ科 植物_サボテン科 植物_シクンシ科 植物_シソ科 植物_シュウカイドウ科 植物_ショウガ科 植物_ジンチョウゲ科 植物_スイカズラ科 植物_スイレン 植物_スベリヒユ科 植物_スミレ科 植物_ソテツ科 植物_タコノキ科 植物_タデ科 植物_ダンドク科 植物_チャセンシダ科 植物_ツユクサ科 植物_ツリフネソウ科 植物_ツルムラサキ科 植物_トウダイグサ科 植物_トケイソウ科 植物_トベラ科 植物_ナス科 植物_ニシキギ科 植物_ノウゼンカズラ科 植物_ノウゼンハレン科 植物_ハスノハギリ科 植物_ハマウツボ科 植物_バラ科 植物_バンレイシ科 植物_パパイア科 植物_パンヤ科 植物_ヒガンバナ科 植物_ヒナノシャクジョウ科 植物_ヒユ科 植物_ヒルガオ科 植物_フウチョウソウ科 植物_フウロソウ科 植物_ベンケイソウ科 植物_マキ科 植物_マツ科 植物_マメ科 植物_ミカン科 植物_ミソハギ科 植物_ムクロジ科 植物_ムラサキ科 植物_モクセイ科 植物_モクマオウ科 植物_ヤシ科 植物_ヤッコソウ科 植物_ユキノシタ科 植物_ユリ科 植物_ラン科 植物_リュウゼツラン科 植物_リンドウ科 植物_全般