2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

無料ブログはココログ

ウェブページ

植物_全般

2015年2月19日 (木)

カサブランカ(2015/02/19)

1月の終わりに姉がカサブランカのお花畑で、カサブランカを

 
買ってきました。
 
実家の玄関に飾ってあります。2月6日に見たとき、下のように
 
咲いていました。
 
Img_0696
 
たくさんのつぼみがあり、それが咲くと説明を受けたそう
 
ですが、信じられませんでした。2月18日に実家へ
 
行った際に見てみると見事に咲いていました。
 
Img_0737
 
他の植物でも、つぼみで切り花にして咲くかはわかりませんが
 
カサブランカでは咲くと言うこと初めて知りました。これだけ
 
咲いてもカサブランカの香りが強くなくてよかったです。
 
あまり香りがしない種類も必要とされて栽培されているのですね。
 
 
 

2014年6月 8日 (日)

どれが本当!(2014/06/08)

ある日、知り合いに花名と和名の違いは何ですかと

 

聞かれました。花名という言葉は、国語辞典に載って

 

おらず、花の名前を短く使った表現になります。

 

花名とは、広く知れ渡っている名前で、流通名、園芸名と

 

同じ範疇にある言葉です。和名とは、植物分類学に基づいて

 

分類されつけられた日本の名前になります。だから、花名と和名は

 

若干違った意味合いになります。例えば、インパチェンスという

 

植物は園芸名になり、和名ではアフリカホウセンカとなります。

 

ハイビスカスという植物は、ブッソウゲを基にして品種改良された

 

植物一般をさす名前に使われています。ブッソウゲとは、沖縄の

 

方言で言う「アカバナー」にあたります。今、沖縄にはいろいろな

 

種類のブッソウゲを基にして作れた園芸品種があり、それらを

 

すべて同定することはできません(^_^;)

 

ちなみに、ハイビスカスという呼び名は、ブッソウゲの学名

 

「Hibiscus rosa - sinensis L.」の「Hibiscus」を日本語読みに

 

してハイビスカスという園芸名にしています。

 

学名をカタカナ表記で書いているものがありますが、それは

 

本当は正しくありません。学名は、生物などの分類に用いる

 

学問上の世界共通の名称で、ラテン語で書かなければいけないからです。

 

オオハルシャギクという名前の植物があります。グーグルでその学名を調べると,

 

「Cosmos bipinnatus Cav」とあります。琉球植物目録という書物が私の

 

和名の基準としているものです。それで調べると,「Cosmos bipinnatus Cav」の

 

和名はコスモスとあります。つまり,園芸名がオオハルシャギクで,和名が

 

コスモスです。キバナコスモスの学名は「Bidens sulphurea(Cav.)Sch.-Bip.」です。

 

名前は似ていますが,同じキク科の中でも違う属「Cosmos」と「Bidens」です。

 

 _20140124_9

 

上の写真はコスモスです。

 

 

ドラゴンフルーツという果物がありますが、これは果実名であって、和名では

 

ありません。和名は、サンカクサボテンです。パンションフルーツという果物が

 

ありますが、これも同じく果実名で、和名ではクダモノトケイソウです。

 

 

ピーマンという野菜がありますが、これは野菜名であって、和名では、

 

「 シシトウガラシ」です。

 

いろいろな四方山話がありますが、どれが本当の名前かと考えるより、

 

伝えたい人にその植物がしっかりと伝わればいいのだと

 

私はそう考えています。

2013年9月19日 (木)

未確認飛行物体のような(2013/09/19)

キノコについて、調べたことがないので、私にとっては

 
未確認飛行物体と同じようなものです。
 
Dsc_6238
 
那覇市内などの公園などでは見かけたことがないものが
 
山原の自然の中にはあります。
 
 
このキノコの傘が開くと
 
Dsc_6230
 
のようになり、一見、同じ物には見えませんでした。
 
未確認飛行物体のようなキノコの名前をご存じの方が
 
いたら、教えて下さい。m(__)m
 
 
 

2013年9月18日 (水)

オレンジ色(2013/09/18)

山原の山の中を歩いていると、オレンジ色のものがありました。

 
近づいてよく見ていると、
 
Dsc_6213
 
キノコでした。あまりにも鮮やか色で、このキノコは食べられるのか
 
それとも、食べられないのか? と感じてしまいました。 
 
このキノコにとって、目立つ色であることが、どんなメリットが
 
あるんだろうと考えたけれど、答えはわかりませんでした。 
 
この写真だけで、名前がわかる方がいたら、教えて下さいね。
 
よろしくお願いします。m(__)m
 

2013年6月26日 (水)

夏の恋人(2013/06/26)

014_34

 

北海道の白い恋人の菓子は聞いたことがあるのですが,

 

夏の恋人ってなんだろうとつい想像してしまいます.

 

答えは,グラマトフェラムという夏に咲くランの種類です.

 

014_31

 

病院につけがきくほどの患者であってはいけないのですが.

 

そのような病院が私にあって,そこの医院長先生が今月19日に

 

誕生日だったということで贈れていた花でした.

 

014_32

 

植物について,知りたいという知識欲で学んでいますが

 

小学校の子どもたちが見かける環境に,ランの植物が

 

ないように思われ,あまり知りません.でも,この緑色の

 

ハートの形になった花が大変きれいに感じました.

 

夏の恋人というインパクトのあるネーミングもいいのですが

 

季節限定の恋人はちょっと・・・私は「いつでも恋人」が好きフレーズです.

2013年6月 5日 (水)

多肉植物(2013/6/5)

Dsc_0749

 
今日,職場の人の机を見たら,多肉植物の寄せ植え鉢が
 
ありました.身の回りには見られない植物で,栽培しやすい
 
そうです.職場の人たち数人に作ったようです.
 
Dsc_0748  
 
昨年,隣のクラスの先生から,似たような寄せ植えを
 
頂いたのですが,上手に育てることができずにだめに
してしまいました.(*_*;
 
植物をしっかりと育てるために,心のゆとりが必要な気が
 
します.仕事で忙しい中でも,植物をみてほっとする心の
 
余裕を持ちたいと感じる今日この頃です.
 

2011年12月30日 (金)

この植物の名前を知りませんか?(2011/12/30)

下の植物は、2011/12/29(昨日)沖縄自動車道伊芸サービスエリアで撮影した植物で名前を知りません。だれか教えていただけませんか。今日、図鑑などで調べてみたのですが、探しきれませんでした。よろしくお願いします(゜)(。。)ペコッ

2011_12_29_122

2011年10月23日 (日)

モモタマナの実(2011/10/23)

20111022_2

昨日、琉球大学内にあるモモタマナの下に、実が上の写真のように

落ちていました。今、モモタマナの実は、緑色をしています。しかし、

上の写真では緑色をしていません。これはコウモリが実を食べて

中の硬いところを残しているからです。

もう少し熟して、この硬い部分を上手に割ると、ナッツが入っていて

それを人が食べるとおいしいです。

<注意事項>

カッターナイフなどを使う場合は指を切らないように!

ナッツにアレルギーがある場合は食べないように!

※これは自己責任の範疇で行ってくださいね。

2011年10月13日 (木)

この植物は何でしょうか?

2011_10_11_030

上の写真は、ある植物の実です。何でしょうか?

と3年前の今頃、大学院植物分類学の講義で質問されました。

それを手に取りながら、観察したのですが、わかりませんでした。

その講義の後半で、生育している様子を観察して理解しました。

答えは、今日の夜にでも、載せたいと考えています。

2011年7月 4日 (月)

Thunb. の意味

観察した植物は学名を琉球植物目録で調べて、一覧表を作成し、データをまとめています。ハマナタマメを調べると、Canavalia lineata (Thunb.)DC.とあり、よく出て来る Thunbって何だろうと調べてみました。

調べて見ると、カール・ツンベルク(Carl Peter Thunberg)をさしています。この人は、カール・フォン・リンネに師事して植物学、医学を修め、日本の出島にきて、その後、Flora Japonica(日本植物誌、1784)を書しています。後にシーボルトも同名のFlora Japonica(日本植物誌)を書いているようです。そのため、日本植物誌がどちらを指すのかについて意識した方がよいと感じました。

調べると、どんどんわからないことが増えていく。sweat01

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

01_沖縄 | 02_日常 | 03_家族 | 04_カメラ | 05_バイク | 06_教育 | 07_バイク2011(CB1100) | 08_大学院 | マンホール | 書籍・雑誌 | 植物_アオイ科 | 植物_アオギリ科 | 植物_アカネ科 | 植物_アカバナ科 | 植物_アジサイ科 | 植物_アブラナ科 | 植物_アヤメ科 | 植物_アロエ科 | 植物_イネ科 | 植物_イノモトソウ科 | 植物_ウリ科 | 植物_オウギバショウ科 | 植物_オシロイバナ科 | 植物_オトギリソウ科 | 植物_カキノキ科 | 植物_カタバミ科 | 植物_カンナ科 | 植物_ガガイモ科 | 植物_キキョウ科 | 植物_キク科 | 植物_キツネノマゴ科 | 植物_キョウチクトウ科 | 植物_キンポウゲ科 | 植物_クサトベラ科 | 植物_クスノキ科 | 植物_クマツヅラ科 | 植物_クワ科 | 植物_ゴクラクチョウカ科 | 植物_ゴマノハグサ科 | 植物_サガリバナ科 | 植物_サクラソウ科 | 植物_サボテン科 | 植物_シクンシ科 | 植物_シソ科 | 植物_シュウカイドウ科 | 植物_ショウガ科 | 植物_ジンチョウゲ科 | 植物_スイカズラ科 | 植物_スイレン | 植物_スベリヒユ科 | 植物_スミレ科 | 植物_ソテツ科 | 植物_タコノキ科 | 植物_チャセンシダ科 | 植物_ツユクサ科 | 植物_ツリフネソウ科 | 植物_ツルムラサキ科 | 植物_トウダイグサ科 | 植物_トケイソウ科 | 植物_トベラ科 | 植物_ナス科 | 植物_ニシキギ科 | 植物_ノウゼンカズラ科 | 植物_ノウゼンハレン科 | 植物_ハマウツボ科 | 植物_バラ科 | 植物_バンレイシ科 | 植物_パパイア科 | 植物_パンヤ科 | 植物_ヒガンバナ科 | 植物_ヒナノシャクジョウ科 | 植物_ヒユ科 | 植物_ヒルガオ科 | 植物_フウチョウソウ科 | 植物_フウロソウ科 | 植物_ベンケイソウ科 | 植物_マキ科 | 植物_マツ科 | 植物_マメ科 | 植物_ミカン科 | 植物_ミソハギ科 | 植物_ムクロジ科 | 植物_ムラサキ科 | 植物_モクセイ科 | 植物_モクマオウ科 | 植物_ヤシ科 | 植物_ヤッコソウ科 | 植物_ユリ科 | 植物_ラン科 | 植物_リュウゼツラン科 | 植物_全般