2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

ウェブページ

« 研修会(2016/06/12) | トップページ | ギランイヌビワ(2016/06/14) »

2016年6月13日 (月)

舌状花と筒状花(2016/06/13)

20160612__3

昨日、琉球大学で講義を受けていました。その中で 

キク科の花は、3つに分けられると習いました。

一つ目が、舌状花と筒状花で構成されているもの、

例 タチアワユキセンダングサ

二つ目が、筒状花だけで構成されているもので

例 シマアザミ

三つ目が、舌状花だけで構成されているもの

例 タンポポ、ホソバワダン(野菜 ニガナ)

です。上の写真は、アメリカハマグルマで、一つ目の

花の例になります。昨日、琉球大学図書館横で撮影

しました。 


« 研修会(2016/06/12) | トップページ | ギランイヌビワ(2016/06/14) »

植物_キク科」カテゴリの記事

コメント

へ~。知りませんでした。
奥が深いですね。
勉強になります。

桃太郎さん
こんばんは 花について、一度習ったことも
時間が経つと忘れてしまうものですね。
改めて覚え直したいと思います。

ヽ(。◠‿◠。)ノ
丁度今朝、シマアザミの写真をみて タンポポと間違っていた事に
気が付いた所でした
似ていますよね。
こうやって 分けて頂けると分かりやすいですね。
有難うございました(*^_^*)

まめこさん
おはようございます。植物、撮影するのも
大好きです。植物について蘊蓄を学ぶことも
大好きです。ちょっとずつお利口さんになりたいです。

菊と言えば日本の国花ですが、キク科となるとタンポポも仲間に入るのですね。
進化の過程で色々な種類に分類されていくのは、動植物問わず興味深いですね。
大阪では今の季節アジサイがあちこちで咲いています、雨滴の付いたアジサイを見ると写真を撮りたくなりますが調べてみると4/24以来カメラを持ち出していません。^^;

アコモさん
写真は撮りたくなりますね。
でも、うまい具合にタイミングが
見つからないものですね。素敵な写真
撮れるといいですね。私も見つけたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 舌状花と筒状花(2016/06/13):

« 研修会(2016/06/12) | トップページ | ギランイヌビワ(2016/06/14) »