2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

無料ブログはココログ

ウェブページ

« プリンタ(2016/03/11) | トップページ | 温かく(2016/03/19) »

2016年3月14日 (月)

カツウダケ(2016/03/14)

今日、父と話をしていると、面白いことがわかりました。

それは沖縄島で一番高い山について、父が「カツウダケ」という

のです。私が調べて見ると、沖縄島で一番高い山は、「与那覇岳」で

標高503mです。昭和2年生まれの父が小学校の時、沖縄島で

一番高い山だと聞いて、登ったことがあるそうです。名前が変わったのかと

思って調べてみると。「嘉津宇岳」という山があって、452mです。

ネットの情報では、大正時代まで、沖縄で一番高い山だと言われた

そうです。父が言うには昭和の初めも、同じようなことが言われていた

そうです。今は、「嘉津宇岳」が沖縄島で第3位の山になるそうです。

父と話をしているといろいろなことがわかって楽しいです。

« プリンタ(2016/03/11) | トップページ | 温かく(2016/03/19) »

03_家族」カテゴリの記事

コメント

今は正確に標高が測定できますからね。
でも、大正とか昭和初期でも50m違いと
分かるような気がしますが。
「嘉津宇岳」は神聖な山なんでしょうかね。

nadoyamaさんは カツウダケに登られた事ありますか?
私が卒業した小学校では弥彦山という山に登山をする授業がありました
まだ所々に雪の残る山をのぼって 頭が痛くなった記憶があります
今でも沖縄では登山の授業って有るのでしょうか?
色んなお話をお聞きしてみたいですね。

桃太郎さん
おはようございます。
「「嘉津宇岳」」は特別神聖な山では
ないと思います。いつか登ってみたいです。

まめこさん
おはようございます。
「嘉津宇岳」は登ったことがありません。
登ってみたいです。那覇市の小学校6年生の
修学旅行で、伊江島のイエジマタッチュウと
言われているところに登ることがあります。
また、那覇市の小学校5年生の自然教室で
その宿泊施設付近の山(丘のようなところ)を
登ることがあります。沖縄では登山という言葉
が、似合うほどの山はありません。

昔は測量の技術と言うか精度が良くなかったのかもしれませんね。
山は昔から神の住む所と言われていましたから、嘉津宇岳には何か特別な言い伝えが有ったのかもしれませんが…


アコモさん
おはようございます。「嘉津宇岳」にも
言い伝えがあるのかもしれませんが、
地元ではないために知りません。
沖縄島、過ごしやすい季節になっています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カツウダケ(2016/03/14):

« プリンタ(2016/03/11) | トップページ | 温かく(2016/03/19) »