2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

無料ブログはココログ

ウェブページ

« CB1100のバッテリー(2013/07/13) | トップページ | アクセルワイヤーの交換(2013/07/15) »

2013年7月14日 (日)

走馬燈の記憶(2013/07/14)

先週 FTR223で、水曜日に名護から那覇向けに

 

高速道路に乗りました。高速道路のETC入口から

 
入るまでは何事もなく通り過ぎました。
 
その後、すぐに異変が起きました。スロットル(アクセル)を
 
戻しても、ほとんど、戻らないのです。5速80km、スピードが
 
下がらないのです。クラッチを切ると、キャブレターから
 
ガソリンが供給されているので、エンジンがすごい回転数
 
に上がる音がして、クラッチを切ることもあきらめました。
 
いったい、どのようにしたら、止まるんだろう。
 
 
Dsc_0933
 
 
 
走行車線を80kmの走行していたのですが、走行車線を
 
時速70kmで走っている車が走行車線を走らせていたり
 
します.その車の後に,私のバイクが来ることもあり,その
 
ままではぶつかることを意味します.
 
ブレーキをかけるために,通常,スロットルを戻してから,
 
使います.でも,スロットルを戻せずに,ブレーキをかける
 
ことは,一歩間違えるとバイクは転倒してしまいます.
 
だから,慎重に,でもぶつかる前に,スピードを緩めないと
 
いけないのです.どうにか,転倒せずにスピードを落として,
 
追い越し車線の安全確認をして,追い越し車線に入り,
 
アクセルを全開にして,70km走行の車を追い抜いて,
 
走行車線を走り続けました.
 
 
 
 
 Dsc_0934
 
 
 
 
 
スロットルが戻らないということは,スピードを落とす
 
ため,エンジンを停止させるしかないのです.
 
エンジンを停止させて,再始動できない場合も
 
想定できるのです.高速道路上で,実験してしまうと,
 
後ろからの後ろ来る車に追突される恐れがあるのです.
 
 
失敗したら,死んでしまう最悪も考えてしまいます.
 
 
バイクの運転をしながら,今,抱えている人生の
 
課題が思い浮かびました.
 
 
 
 
 
 
 
どうしたら,いいんだろうと・・・
 
 
 
 
 
いろいろなことを考えました.
 
 
 
 
 
沖縄自動車道路の那覇出口のETCゲートが
 
見えてきました.
 
エンジンを切って,クラッチを切り,ブレーキを
 
かけ,転倒しないように細心の注意を払って
 
ETCゲートで時速20km以下になるように
 
がんばりました.
 
 
 
 
どうにか
 
 
 
 
 
 
事故ることなく,ETCゲートを通り抜ける
 
ことができました.
 
 
 
 
 
バイクに乗って30年以上,立ちますが,
 
このようなアクシデントは,はじめてでした.
 
 
 
その後,自宅まで二つの信号機があります.
 
ギア1速から,ほぼ全開状態のスロットルで,
 
どうにか,ギアチェンジをしながら,自宅近くに
 
たどり着き,後はエンジンを切った状態にして
 
車庫にバイクを片付けました.
 
 
 
 
 
精神的にも,肉体的にも極限状態まで,
 
追い込まれたので,その疲れがすぐには
 
とれませんでした.
 
翌日,車で出勤し,午後は,年休を出して,
 
心身を休ませました.
 
 
走馬燈のように,今を見つめました.考えました.
 
 
ゆっくりでもいいのです.今を一生懸命 生きたい.
 
そう感じた出来事でした.
 

« CB1100のバッテリー(2013/07/13) | トップページ | アクセルワイヤーの交換(2013/07/15) »

05_バイク」カテゴリの記事

コメント

アクシデントがる事故につながらなくて、ホッとしました。
拝読していて、アクション映画を観ているかのように、とてもハラハラしました。
しかしながら、冷静に、かつ機転を効かた対応は流石だと感服しています。
こんなケースもあるんだなぁ・・・と思いつつ、冷静な対応ができるかどうか自分に問い詰めているところでもあります。
無事にバイクの修理も、心身のケアも済みますよう祈っています<(_ _)>

又左衛門さん
書き込みありがとうございます.
日頃からメンテナンスをしているのですが
まさかの出来事で,焦る気持ちを超えると
冷静というか,走馬灯のように,いろいろな
ことを考えてしまうものです.
 
精神的な疲れがなかなかとれませんね.
でも,しっかりと回復させたいと思っています.

こんばんは 大変でしたね

いつもバイクのメンテナンスをされているのに・・・

私はバイクに乗ったことはないので判りませんが、無事で良かったとしか言えません。

ちょっと最近のブログの内容気になっています。心身ともに健やかになる事を・・・

やんばる様
ご心配をおかけして,すみません。

今を楽しんでいます。さらに,楽しい生活になるように工夫を考えているところです

暑いので,夏バテに気を付けてくださいね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 走馬燈の記憶(2013/07/14):

« CB1100のバッテリー(2013/07/13) | トップページ | アクセルワイヤーの交換(2013/07/15) »