2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

無料ブログはココログ

ウェブページ

« ウメ(2012/02/06) | トップページ | 本物の植物を見てわかるもの(6) »

2012年2月10日 (金)

レポート(理科教育特論演習)

□身近な植物の構造を知る 葉脈標本づくり

 今回の4つの講義の中で、唯一、作品を持ち帰ることができる教材でした。子どもたちの学び方として、葉脈標本は楽しんで取り組める内容だと考えます。

水酸化ナトリウムについて、学習指導要領理科解説編では下記のように記述されています。

「ここで扱う対象としては,例えば,薄い塩酸,薄い水酸化ナトリウム水溶液などが考えられる。これらの水溶液の使用に当たっては,その危険性や扱い方について十分指導するとともに,保護眼鏡を使用するなど安全に配慮するように指導する。」

「特に,塩酸や水酸化ナトリウムなどの劇物の薬品は,毒物及び劇物取締法に従って取り扱うことが必要である。」

 葉脈標本作りでは、10%の水酸化ナトリウムを作ることから始まります。これが薄い水酸化ナトリウムに適応しているかがわかりません。何か事故が起こったときに、安全に配慮を欠くと言われてしまいます。そのことから、通常の授業と言うより、親子参加型の学級PTA行事として行うことが適切であろうと考えます。

 

□カタツムリってどんなやつ?

 この講義では、カタツムリの種類やその生態的特徴を学ぶことができました。光学顕微鏡を使い、歯舌を観察しました。光学顕微鏡の技術習得の指導において、児童の興味を高めると考えます。大きさとしては、アフリカマイマイの歯舌が大きく、保管や観察に適していると考えます。それを取り出す際の臭さは、慣れが必要だと考えます。指導学年が5年生であるため、小学校理科専科へ働きかけが有効であると考えます。

自然の中にある幾何学的な構造の美しさを知るよい経験につながりました。

□身近な自然再発見 シロアリづくし

 この講義では、シロアリとアリの名前が似ている部分、近い関係だと思っていたら、シロアリは、アリよりゴキブリに近いとわかり、興味が高まりました。アリは、バッタのように不完全変態だと思っていましたが、そうではなく、シロアリが不完全変態であることがわかりました。

 油性ボールペンで描いたあとをたどることは、どの学年の児童も興味を持つ内容だと感じました。小学校5年生の理科指導をしながら、一部の女子に昆虫に対する極度の拒否反応を持つ子がいます。そのような子が小学校3年生の昆虫の学習において、この習性を見ることができれば拒否反応の改善が図ることができるかも知れないと感じました。

 この教材において、シロアリが家屋に被害を与えるという先入観があるため、その払拭をする必要があると考えます。大学生等のボランティア派遣があり、その小学校内でその勤務教諭と共にシロアリを探し、道しるべフェロモンの習性を経験することができれば教材化が進むと考えます。小学校へ6月頃、夏季休業中(夏休みとよばれる期間)に大学研究室の出前講座的な派遣制度を伝え、校内研修に取り入れを促したり、県立総合教育センターの初等理科関係とタイアップして行ったりすることも選択肢の1つになると考える。

□身近な植物 イチジク属

 クワ科の中の1つの属であるイチジク属の特徴として、イチジク状花序があることを学びました。これまで、クワ科という知識しかないため、イチジク属の特徴を、クワ科全体の特徴としてとらえていたように思っていました。

 イチジク属の同定において、葉の観察で出来ることは、詳しく見る視点を学ぶよい教材性を持っていると考えます。

 オオイタビが食用になると、書かれている資料がありました。しかし、食べたことがありません。虫が受粉を行っていることを考えると躊躇を覚えます。今の理科教育の中で、味覚による経験がほとんど行われていません。小学校学習指導要領理科解説編の中で、「五感」「五官」という表現がなく「諸感覚」を使うと記述されています。すべての感覚を使うというより、選択して使うことに変わっており、味覚が行われにくくなっています。

 イチジクとイチジクコバチの内容について、小学校5年生の受粉の発展学習として学ぶことが可能な教材と考えます。

レポートの提出期限を過ぎたかも知れない・・・ でも提出してみます

« ウメ(2012/02/06) | トップページ | 本物の植物を見てわかるもの(6) »

08_大学院」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

カタツムリってどんなやつ?でアフリカマイマイを使うようですが・・
アフリカマイマイ の寄生虫は大丈夫ですか?

ちょっと気になったもので・・・

yannbaru様
書き込みありがとうございます。
アフリカマイマイの寄生虫について、私も気になっていたのですが、
その実験観察中、それは大丈夫ですと説明がありました。

そのあたりについて、今度調べてみますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レポート(理科教育特論演習):

« ウメ(2012/02/06) | トップページ | 本物の植物を見てわかるもの(6) »