2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

ウェブページ

« 本物の植物を見てわかるもの(7) | トップページ | 本物の植物をみてわかるもの(8) »

2012年2月15日 (水)

乾電池(2012/02/15)

小学校5年生の理科で、電磁石のはたらきについて勉強をしています。ある児童が電池を落として凹ませたら、落としたら凹むことを知った他の児童がそのまねをして、乾電池の分解を試みていました。

乾電池の表記に、警告という文面があるので、急きょ、それを授業中によんで、指導を行いました。児童の中には家でやったら、怒られるけれど、学校ならやってもいいと感じ、行動に移す子がいます。

一瞬でも、気を許すと、児童が危険なことをしてしまう場面に出会いました。これからも気をつけて指導したいと思います。

« 本物の植物を見てわかるもの(7) | トップページ | 本物の植物をみてわかるもの(8) »

06_教育」カテゴリの記事

コメント

今晩は。
大学院は夜間ですか?ご苦労されておられるようですね。
私は前期は勤務校に行きつつ、大学院へ行っていましたが、後期は演習が多いので仕事は長期研修をとり、給料0でやっています。

教員の方向けの教職大学院ですと教員が受講しやすいように科目や、時間設定がされている野ではないかと思いますが。私のところは一般大学院ですから、2年間で修論を仕上げます。
若い院生も60台の院生もいます。心理学が専攻なので、知能検査やカウンセリングなどで猛烈な忙しさです。その他、社会福祉士と精神保健福祉士の学習、特別支援教育の学習もしているので、レポート、講義、見学、実習、で楽しいです。研究者のほうがあっているのかな、と自分では思いますが、盲年齢がねんれいなので、研究者の道は無理ですね。
大学院博士の途中までいったら、学校に戻ります。お金もないし。
お互いに頑張りましょう。
私は発達障害や、不登校のお子さんへのよりよい対応を、そしてお母さん達へのよい対応を心がけることで、子供達に幸せになってほしいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 乾電池(2012/02/15):

« 本物の植物を見てわかるもの(7) | トップページ | 本物の植物をみてわかるもの(8) »