2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

無料ブログはココログ

ウェブページ

« アンケート2(2012/01/17) | トップページ | 飛ばない »

2012年1月18日 (水)

小学校5年生 理科「電磁石」

小学校5年生の理科で、コイルについて勉強をします。鉄の棒にコイルを巻いて電気を流すと、磁力が強まり、クリップなどの鉄を吸い付けることを学びます。

<大切なこと>

電磁石にも、永久磁石と同じように、S極N極がある。

乾電池の+極とー極を入れ替えると、電磁石の極も変わる。

電流の強さを強くしたら、磁力も強くなる。

<間違えやすいところ>

電池の極は+極、-極、電磁石はS極、N極。

電流計のつなぎ方

<難しいところ>

100回巻きコイルをつくるのですが、ボビンにコイルを巻き取るときに、コイルが絡んでしまい、10分以内で終わるところ、1時間もかかる子どもがいます。ほどくことが大変難しいです。

※20年くらいの前の子どもに比べて、プラモデルなどの制作経験が少ないためか、手先が器用な子が減ってきています。

« アンケート2(2012/01/17) | トップページ | 飛ばない »

06_教育」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

懐かしいです☆コイル巻き!! 私は不器用ですが、友達の中には手先が
器用な子が何人もいましたね。プラモデル屋さんて、専門店も近所にありま
したっけ。もともと手先が器用な日本人、もったいないですねっ!

コメント ありがとうございます
手先が器用な子どもが減っているような気がします。それをできないと、すぐに放り出してしまう子も気になります。
どうにか、忍耐できる子を育てたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小学校5年生 理科「電磁石」:

« アンケート2(2012/01/17) | トップページ | 飛ばない »