2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

無料ブログはココログ

ウェブページ

« 小学校5年生 理科「電磁石」 | トップページ | 講演会(2012/01/23) »

2012年1月19日 (木)

飛ばない

4年生の電気に関する勉強では、モーターカーをつくったりします。その際、反対に向かって走り出して、それ解決するために電池の向きを逆にすることを友達同士で学びあっていきます。

今回、あるクラスで、5年生の電気に関する勉強で、モーターで回して、ヘリコプターの羽のようなものを飛ばして遊んだりします。ある子どもが、羽がまわるけれど、前に飛ばないで、落ちてしまうとありました。先生の立場としては、そんなことがあるんだね。友達の羽は前に飛ぶから不思議だね。その問題を解決してみようねと声をかけている内に、授業終わりのチャイムがなり、次の授業に引き継がれていきます。

子どもがすぐに解決したいので、先生に聞きに来ます。でも、答えをすぐに教えるのではなく、これまでの経験をもとに解決してほしいので、先生としては待ちの姿勢です。

早く前に向かって羽が飛べるようになってほしいなぁと感じた一日です。

« 小学校5年生 理科「電磁石」 | トップページ | 講演会(2012/01/23) »

06_教育」カテゴリの記事

コメント

考えさせ、工夫させるのですね。教えてしまったほうが早くても、じっくりと待つ。私には困難な職業だと思いました。
いろいろと大変なことは想像していますが、こうして具体的に拝見すれば、忍耐強くなければいけないということが改めて理解できましたm(__)m

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飛ばない:

« 小学校5年生 理科「電磁石」 | トップページ | 講演会(2012/01/23) »