2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

無料ブログはココログ

ウェブページ

バイク2011(CB1100)

2011年バイクで九州・四国をツーリングしてきました。

2011年8月11日 (木)

この旅の終わりに

Th_dsc_8068_4

バイクの全走行距離が5080kmです。今回の旅行で1280km走行したことになります。

大学時代もバイクで旅行に行ったのですが、今回のように二回も徹夜で走ることがありませんでした。かなりの無計画さがでています。

台風の影響で前日の夕方にフェリーが出発することになりました。
もし、そのフェリーで出なかったら、今回の旅行はできなかったのでよかったと思います。

大学時代に泊まった友だちの親が元気だったこと、すごく嬉しかったです。

妹夫婦が四国中央市に引っ越してきてたので、一度は見ていたいと思っていたので、それが出来て安心しました。

旅でライダーと友だちになれました。

来年もバイクで旅行に出たいです。今度は計画的に無茶にならないように計画したいです。

一路鹿児島へ(2)

Th_dsc_7978
一路鹿児島へ向かって、東九州自動車道を経て鹿児島へ向かいました。

Th_dsc_7979
宮崎SAで雨のため、30分以上の休息を取りました。疲れや、小雨が
降ったり止んだりしており、SAやPAで休息を取りながら、無理をしない
で走り続けました。

Th_dsc_7991

このマックに着いたのが、8月8日午前3時です。このマックは、鹿児島に
上陸したときに一番最初に立ち寄ったところで、やっとスタートに戻ってきました。

その後、鹿児島港の待合場所を確認し、ネットカフェへいきました。

8月8日午前7時には空席待ち番を取るために鹿児島港へいきました。
台風後のフェリーになるために満席です。キャンセルが出たということで
8時半はその日夕方6時にでるフェリーのチケットを買いました。

午後4時には、フェリー乗り場でバイクの運賃を払い、そのままフェリーへ
沖縄に着いたのは翌日午後10時半過ぎです。約30時間、フェリーの
中にいました。

徹夜した体をしっかり寝て回復することができました。

一路鹿児島へ(1)

Th_dsc_7929
三崎港より、大分市佐賀関へフェリーがでています。一時間に一本の
割合なので、乗り継ぎがしやすいです。また、値段も八幡浜・臼杵間に
比べて安いです。フェリーに乗っている時間も短くてすみますが、その
分、陸路が長くなりました。
Th_dsc_7947
フェリー出発まで見送って頂きました。お世話になりました。ship

Th_dsc_7952_3

佐賀関港をでるとすぐに上の写真の看板があり、佐伯を目指して

進みました。その後、国道を南下していきました。

宮崎県延岡市に入り、ガソリンをいれました。

Th_dsc_7971

空を見上げると

Th_dsc_7972

お月様が見えました。朝9時に四国中央市を出て、夜の7時になりました。

佐田岬半島へ

2011年8月7日 快晴
四国中央市から鹿児島に向かって出発しました。
Th_dsc_7874
妹夫婦はGS1200で、フェリー乗り場まで一緒に走ってくれました。

Th_dsc_7877
松山自動車道を通って、フェリー乗り場に向かいました。慣れない
道路なので、しっかりとSAでは休息しました。

Th_dsc_7901
高速道路を降りても、しっかりと水分補給をしたり、ガソリンを給油
したりして、向かいました。

Th_dsc_7922
佐田岬半島には、原発もあるのですが、風力発電の風車も
たくさんあります。そのようは公園で、ぱちり・・・
バイクと風車を重ねるために、寝転がっての撮影です。

Th_dsc_7928
昼ご飯は、カレーライスを食べました。昔ながらのカレー
ライスです。美味しかったです。



タオル美術館

2011年8月6日
当初、妹夫婦と三人でバイクに乗って山を走りに行く予定でした。
でも、天気予報で若干降水確率が高く、バイクに乗るのをあきらめて
観光することにしました。

Th_dsc_7769
今治市にあるタオル美術館へ行きました。前日のテレビCMで
ムーミンが常設展示されているとあり、来てみました。

Th_dsc_7783_2

1969年にテレビ放送された「ムーミン」を実際にみていたので
親しみのあるキャラクターです。その後、小学校の図書館でも
借りて原作を読んだ覚えがあります。

Th_dsc_7827
ニョキニョキというキャラクターで、すごく愛らしかったです。

Th_dsc_7828

大人サイズのムーミンにでてくるキャラクターが

たくさん展示されていました。

Th_dsc_7865

タオル美術館に併設されていたレストランで食べた「たーる麺」

です。このような場所にあるところとしては、適切な値段で、

味も合格でした。

マイントピア別子

8月5日 ゆっくりと起床しました。

Th_dsc_7735_2
大分市から四国中央市まで、途中フェリーを使い、走行距離が174。4km
ガソリン8.96リットルで燃費が約19.5kmになります。
那覇を出るときに全走行距離3800kmだったから、600km走ったことに
なります。

Th_dsc_7736
愛媛県新居浜市「別子銅山産業遺産の里 マイントピア別子」の写真です。
昔の銅山でした。

Th_dsc_7746

ご当地物として、ミカン味のソフトクリームが売られていました。

Th_dsc_7749
確かにみかんの味がしました。美味しいかと聞かれたら、
ミカンとソフトクリームを別々に食べた方がもっと美味しい
だろうと感じました。
sweat02

その後や、妹と一緒に山に向かったのですが、途中で
小雨が降り始めたので、下山して、妹の家に向かい、
その日はゆっくりと過ごしました。山の上の方が涼しく
走りやすそうでした。

山の道は急カーブが多く、CB1100では乗りにくい感じも
ありました。もっと上手に乗れるようになったら、すごく
楽しいだろうと思いました。

いつかチャレンジ。。。good

FTR223

Th_dsc_7725
四国中央市につきました。妹のFTR223は、私の購入したときより
後のシリーズで、標準装備で違うところと、追加オプションで違うところが
ありました。
Th_dsc_7727
メータパネルとヘッドライトカバーは金属になっています。昔は黒いプラスティックでした。

Th_dsc_7726
荷台がついていました。
Th_dsc_7728
フロンフォークにブーツが着いていました。
Th_dsc_7731
泥よけがついてました。
Th_dsc_7729
電極も工夫されていました。
他には、ETCも装備されていました。

妹の旦那さんが相談に乗りながら、仕上がったと思います。
買って6年目を迎えているようですが、すごくきれいで、
新車の感覚です。

2011年8月10日 (水)

CBR1100XX SuperBlackbird

八幡浜から、四国中央市までの移動は、松山自動車を使い移動しました。
徹夜で走り続けていたので、不安な走行になっていましたがフェリーで一緒だった人が一緒に走行してくれました。感謝です。

私は80km走行なのですが、それにあわせてくれて走行してくれました。本当に嬉しかったです。

Th_dsc_7721

「しんえもん」さんで愛車がCBR1100XXです。すごい馬力なので、前輪の溝はあるのに後輪の溝はあと少ししかありませんでした。「しんえもん」さんの話では、赤信号で止まると水温計がレットゾーンになるためにエンジンをきらないといけないそうです。すごい熱量ですね。

「しんえもん」さんは、ブログをやっていて、そのアドレスが
http://blogs.yahoo.co.jp/dhwkp716
です。この記事を書いているとき見たら、阿蘇にむかっている様子が載っていました。

すごく優しいライダーでした。

その後、土居ICで降りて、四国中央市の妹夫婦の家に夜の11時過ぎに無事到着しました。そこでぐっすりと寝ました・・・

九四オレンジフェリー

Th_dsc_7718
寝不足だったので、大分県臼杵市から四国の八幡浜までフェリーに乗りました。
2011年8月4日 出港時刻17:30 車両運賃2900円 旅客運賃 2250円
合計 5150円でした。高い感じがしますが、運転するよりは思い、選びました。

Th_dsc_7720

上の写真は、臼杵市の港の様子です。

八幡浜についたのが19:40で、暗くなっていました。

臼杵市の友だち

Th_dsc_7709
大学時代の同級生が臼杵市には二人います。この二人の実家には
大学時代本人がいなくても泊まらせて頂きました。
上に写っている左側の人が友だちのお母さんです。民生員をやり
日々、忙しいそうです。アコーディオンの演奏と歌を聴かせて頂き
ました。すごくパワーがあり、この旅に出て元気をもらいました。

Th_dsc_7710
もう一人の友だちの実家で撮影した友だちとそのお母さんです。
20数年ぶりに尋ねたのですが、元気ですごく嬉しかったです。
Th_dsc_7712
友だちのお父さんは昭和10年生まれですが、理容師として
地域に根付いたお店を行っており、私がいる間、お客さんが
ひっきりなしにやってきました。

Th_dsc_7714
上の写真は友だち二人と右側の人の子どもです。

久しぶりに会えて嬉しかったです。旅に出るとなかなか
会えない人に会える。嬉しいことです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

カメラ | トケイソウ科 | バイク | バイク2011(CB1100) | マンホール | 大学院 | 家族 | 教育 | 日常 | 書籍・雑誌 | 植物_アオイ科 | 植物_アオギリ科 | 植物_アカネ科 | 植物_アカバナ科 | 植物_アブラナ科 | 植物_アヤメ科 | 植物_アロエ科 | 植物_イネ科 | 植物_イノモトソウ科 | 植物_イワウメ | 植物_ウリ科 | 植物_オウギバショウ | 植物_オシロイバナ科 | 植物_オトギリソウ科 | 植物_カキノキ科 | 植物_カタバミ | 植物_カンナ科 | 植物_ガガイモ科 | 植物_キキョウ | 植物_キク科 | 植物_キツネノマゴ科 | 植物_キョウチクトウ科 | 植物_キンポウゲ科 | 植物_クサトベラ科 | 植物_クスノキ科 | 植物_クマツヅラ | 植物_クワ科 | 植物_ゴクラクチョウカ科 | 植物_ゴマノハグサ科 | 植物_サガリバナ科 | 植物_サクラソウ科 | 植物_サボテン科 | 植物_シクンシ科 | 植物_シソ科 | 植物_シュウカイドウ科 | 植物_ショウガ科 | 植物_ジンチョウゲ科 | 植物_スイカズラ科 | 植物_スイレン | 植物_スベリヒユ科 | 植物_スミレ科 | 植物_ソテツ科 | 植物_タコノキ科 | 植物_チャセンシダ科 | 植物_ツユクサ科 | 植物_ツリフネソウ科 | 植物_ツルムラサキ科 | 植物_トウダイグサ科 | 植物_トベラ科 | 植物_ナス科 | 植物_ニシキギ科 | 植物_ノウゼンカズラ科 | 植物_ノウゼンハレン科 | 植物_ハマウツボ科 | 植物_バラ科 | 植物_バンレイシ | 植物_パパイア科 | 植物_パンヤ科 | 植物_ヒガンバナ科 | 植物_ヒナノシャクジョウ科 | 植物_ヒユ科 | 植物_ヒルガオ科 | 植物_フウチョウソウ科 | 植物_フウロソウ科 | 植物_ベンケイソウ科 | 植物_マキ科 | 植物_マツ科 | 植物_マメ科 | 植物_ミカン科 | 植物_ミソハギ科 | 植物_ムクロジ科 | 植物_ムラサキ科 | 植物_モクセイ科 | 植物_モクマオウ科 | 植物_ヤシ科 | 植物_ヤッコソウ科 | 植物_ユリ科 | 植物_ラン科 | 植物_リュウゼツラン科 | 植物_全般 | 沖縄