2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

無料ブログはココログ

ウェブページ

« シロアリの講義 | トップページ | 理科5年、物の溶け方(食塩とホウ酸) »

2011年12月11日 (日)

実験器具(ビーカーとメスシリンダー)

小学校5年生の理科でメスシリンダーの使い方を

学習します。メスシリンダーは容積を正確に量り取る

ことができるものです。

ビーカー100ミリリットルや200ミリリットル、300

ミリリットルに、量り取った水をそのビーカーの目盛りを

みて、水を追加したり、減らしたりします。子どもたちに

どの器具で量り取ったものが正確であるか、事前によく

説明しても過ちを繰り返しています。

ビーカーに書かれている目盛りが、若干ですが正確さに

欠くのです。あくまでも目安と捉えることができないよう

です。

それは、長さを測る物差しや巻き尺の誤差が少ないからだと

思います。15cm、30cm、50cm、1m物差しで、例えば10

cmを計っても違いがないからだと思います。

« シロアリの講義 | トップページ | 理科5年、物の溶け方(食塩とホウ酸) »

06_教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 実験器具(ビーカーとメスシリンダー):

« シロアリの講義 | トップページ | 理科5年、物の溶け方(食塩とホウ酸) »