2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

無料ブログはココログ

ウェブページ

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月28日 (月)

CB1100の走行距離7000km(2011/11/28)

2011_11_27_001

昨日の日曜日、朝からCB1100に乗って、那覇から辺戸岬へ

往復してきました。行きは、高速道路にのって、屋嘉でおり、

一路、東海岸を北上しました。朝の空いている時間帯だったので

気持ちよく走ることができました。

2011_11_27_002

東村高江洲共同売店で、ゆっくりと休みました。たくさんの

バイクが止まるところなので、他のバイクをゆっくりと見られる

ので楽しいポイントです。そこでチャーハンのお総菜を食べま

した。

2011_11_27_003

大型バイクで10年以上前につくられているものがあり、

みんな大切に乗っているだと感じました。

それから辺戸岬へ向かい、折り返して同じ道を南下

しました。

2011_11_27_005

という場所で、バイクの走行距離が

2011_11_27_009

になりました。

この場所で停まったことがないため、橋から海を見ると

2011_11_27_006

高い位置にある橋であることがわかりました。海は

荒れているように見えました。

石川から沖縄市にかけて、走行したのですが、

信号機が多く、やたら時間がかかりました。西側の

国道58号線ならあっという間につく感じがします。

名護からは東海岸南下より、西海岸南下よりが

時間的に早くて楽ですね。

 

その日の走行距離300kmガソリンが約15リットルで

燃費20kmぐらいです。ガソリン代のトータルが約2千円

でした。

 仕事で疲れるとは違う疲れでした。ときには遊んだ疲れも

大切だなぁと思います。

2011年11月27日 (日)

第33回沖縄県理科教育研究大会那覇大会(2)

4年生単元「水のすがたとゆくえ」

この授業の前に、児童は水が沸騰する様子を観察・実験し

水はおよそ100度で沸騰すること。沸騰するときに出てくる

湯気を冷たい金属(スプーン)に当てると水滴がつくことから

湯気は水であることを学んでいます。

この授業では、「沸騰するときに、ビーカーの底から出てくる

あわの正体は何だろう」が課題でした。この課題を教師側で

話し合いを持った際、「あわの正体はなんだろう」と「あわは

なんだろう」では意味が違います。前者の答えは物質としての

水、後者は、水の状態変化である気体(水蒸気)になります。

*****************************************************

学習内容を決める場合、その基になる法律があり、それが

文部科学省が定めている小学校学習指導要領です。その

理科編の中で、下記のように述べられています。

「水を熱していき,100℃近くになると沸騰した水の中から盛んに泡が出てくる。
児童の中には,この泡を水の中から出てきた空気であるという見方や考え方をし
ているものがいる。この泡を集めて冷やすと水になることから,この泡は空気で
はなく水が変化したものであることに気付くようにする。」

*****************************************************

このあわの正体はなんだろうという課題について、理科編で述べられている

ように、空気という予想が多く、水という予想が若干ありました。

空気という理由にしゃぼん玉に似ているからという理由もありました。

予想を立てることはできるけれど、理由を添えることは難しく鍛えられている

学級のように感じました。

この課題を解決するために準備された実験器具が以下のものです。

Dsc_4742

この実験器具を見て、児童にその仕組みを発表させたところ、しっかりと

実験を意図を捉えていました。ビーカーの沸騰したものから出てくるあわを

漏斗で集め、筒を通ってビニル袋に集める。

もし、あわが空気ならビニル袋が膨らむ。

もし、あわが水ならビニル袋に水がたまる。

※この実験装置は、湯気になって器具の間から逃げないようにできる範囲

内の気密性を高めていました。筒にガラス管を多用することによって、筒の

中身がよくみえるようにしていました。課題が筒がガラス管であるためにすぐ

冷えてビニル袋にたどり着く前に、水蒸気が水に戻りやすいことでした。

Dsc_4745

指導する先生がグループをまんべんなく指導しながら、火を使うことによる

事故防止のための安全確認指導も行っていました。

Dsc_4746

児童のノートです。火を消したら、空気がしぼむとありますが、

その空気とみえる部分が水蒸気です。この授業のまとめでは

使えなかったつぶやきですが、次の授業では使えるつぶやき

です。

本時のまとめは、ビニル袋に水がたまっていることから、沸騰

して出てくるあわは空気でなく、水です。

Dsc_4747 

最初赤印まで当たった水が沸騰させた後、見ると、減っていました。

このことからもあわが水である理由の1つになりました。

***************

公開授業は難しいですね。でもみんながんばっていました。

第33回沖縄県理科教育研究大会那覇大会(1)

平成23年11月25日(金)に第33回沖縄県理科教育研究大会那覇大会が行われ、小学校部会は浦添市立神森小学校でした。

公開授業は高学年部会(6年、神森小)中学年部会(4年、那覇市立前島小学校)でした。昔は低学年にも理科があり、低学年部会があったと思います。現在は1・2年生に生活科という教科が設置されてから、理科の教科はなくなりました。

私は前島小学校の公開授業を見ました。

Dsc_4739

中堅の先生が授業をなされ、穏やか雰囲気が素敵な先生です。

Dsc_4740  Dsc_4741

子どもたちは、他の学校からこの公開授業のために移動してきました。

なれている場所を離れ、たくさんの知らない先生方に囲まれる中、

どの子どもも意欲をもって取り組んでいました。子どもたちのがんばりも

すごいし、そのような子どもたちを指導した先生も偉いと思いました。

 

大人がその日のために違う場所にいき、たくさんの人に囲まれたら

普段の力を出し切れません。それをできる子どもたち、かっこいい

ですね。

2011年11月26日 (土)

石山展望台

2011_11_23_003

勤労感謝の日にCB1100に乗って那覇から北へ北上しました。

大宜見村塩屋から東村へ国道331号線途中から、山道へ入る道で立ち止まりました。

2011_11_23_010

上の地図がその場所にあった看板です。そこから山道を走りました。

その道路の落ち葉などもそれほどなくすれ違う車はほとんどありませんでした。

大きな十字路に石山展望台があり、トレイも完備していました。

展望台の上に登ると、

2011_11_23_015

がありました。きれいに掃除されていました。その展望台から東シナ海に

見える景色が最高でした。

2011_11_23_016

一番奥にわずか見えるシルエットが伊江島です。手前の島が

ウニで有名な古宇利島です。

2011_11_23_019

また、別の方向を見ると、伊是名島、伊平屋島も

見えました。本当に風光明媚でした。

2011_11_23_025

その道路の途中で、上の看板を見ました。よく見ると、定休日が

普通の人の休日に当たります。利用客がいるのかなぁと思いました。

私が通った日は水曜日でしたが、朝が早かったために開いていません

でした。もう少し早いといいなぁと思いました。

明日は日曜日です。天気と体調がよければ、別の山道を走りたいなぁと

思いました。

 

FTR223(2011/11/26)

2011_11_25_006

昨日、FTR223の部品交換をバイク屋さんでしていただきました。

買って約9年目になり、3回目ぐらいの交換部品になります。

値段は工賃含めて約13千円でした。

この情報だけで、何を修理したかがわかれば、すごいですね。

2011_11_25_001

2011_11_25_003

上の二枚を見比べて見てください。上の写真が修理前、

下の写真が修理後になります。

同じ質問です。何を交換修理したのでしょうか?

かなりのヒントになり、わかったという人もいることでしょうね。

交換した部品はチェーンです。

乗っているうちにチェーンが伸びていきます。そのまま調整

しないままに乗り続けるといつか、チェーンが外れてしまい

ます。チェーンの調整法は、後輪の軸をスイングアームの後方へ

移動することです。修理前の写真では、わかると思いますが

後に移動できる部分がありません。だから、新しい部品に

交換して、後に移動できる部分を生み出しました。

アクセルを回したときに、動きがスムーズになりました。

交換したときにバイク屋さんが言うには他にも修理がしたほうが

いいところがあるので、今度、持ってきてねと言われました。

時間があるときに持っていこうと思います。

バイクをきれいに乗るにはお金がかかりますね・・・

2011年11月25日 (金)

新しいカメラ

NIKONのD80というデジタル一眼レフで

撮影しているのですが、数年使用する中で

バッテリーの蓋の部分が一応閉まりますが、

外れないはずの蓋が外れます。

ときどき、エラーが出て撮影できなくなり、

電源のoff、onで復旧します。

これまで持っているレンズがあるので、

NIKONを買いたいと思っています。昔のように

買ったら10年でも20年でも使える物と違い

デジタル一眼レフは、電子機器があるために買い換えが

必要なもののように感じます。私としては

D3100かD5100を考えています。

私が所有しているバイクは、昔ながらのタイプなので

FTR223は9年目です。数日中にチェーンの交換を

する予定です。壊れたところはなおしながら乗り続ける

ことができるものです。

デジタル一眼レフは、昔、動画が撮れなかったけれど、

それができるようになりました。一番大切な静止画の

情報をデジタル化する回路が進歩し、赤色がつぶれるのが

よくなったそうです。

値段も昔買ったときより、今回購入予定の機種値段が

半分から、3分の2ぐらいになっています。

早く買いたいなぁと思いつつ、これから仕事の準備をして

がんばりたいと思います。

2011年11月24日 (木)

ハート

去った火曜日に、小学校の掃除指導をしていたら

ある子どもが掃除に集中しないで行っていました。

私が先生という立場だから、「ね、掃除をしよう」と声を

かけたところ、「先生、ハートが見える」よと予想しない

返事が返ってきました。この子どもの位置と、その子の

身長からだと木々がそう見えるようです。

2011_11_22_002

もう少しアップで、

2011_11_22_005

確かに、そう見えました。私としては、その自然を

見る目はほめました。だけれど、掃除時間は掃除を

しようねと言ったら、「ハートみたから、がんばります」

と返事がありました。

子どもの視点は面白いです。

2011年11月22日 (火)

大学院へいく日(2011/11/22)

おはようございます

今日は授業を6コマ教えて、その後会議

整骨院へいき 午後6時から大学院の講義へ

滑り込みたいと思います。

修論の見通しがつかない中で、もがいています。

学ぶ段階にいる人は、みんなもがいているのかなぁ!

今日も、もがいてみようと思います。

2011年11月20日 (日)

インフルエンザ(2011/11/20)

一昨日、インフルエンザの予防接種を受けてきました。

2年前のインフルエンザ流行時、家族に罹患者がいたら

一週間その家族がいる子どもは、学校は出席停止でした。

20年以上、教員生活をしていて、初めてのことでした。

その年の夏場、小学校の全館冷房が停止し、窓をあけて

空気の入れ換えをしながら、授業が行われました。

また、学級閉鎖がでたということで、運動会も変更して平日に

行われました。インフルエンザ拡大防止に明け暮れた年に

なりました。

今年、職場の児童のインフルエンザ罹患者は「0」人です。でも

先週木曜日のニュースで、宜野湾市で学級閉鎖が出ました。

インフルエンザが広がる前にと考え、ニュースを見た翌日に

あたる金曜日に予防接種を受けてきました。費用は3000円でした。

予防接種を受ける人と、受けない人がいます。受けない人には、

その薬害被害の可能性に気にする人もいます。私は薬害被害の

可能性より、インフルエンザにかかり悪化する可能性が高いと思って

いるので受けることにしています。

1月終わりに、沖縄県の小学校では学芸会が多く行われています。

ちょうどそのころ、インフルエンザが蔓延し、出し物の配役や楽器演奏

者の代役を立てながら練習が続けられていきます。

インフルエンザが蔓延しないように願っています。

2011年11月16日 (水)

講義「ピアジェ」(2011/11/16)

昨日は、大学院の講義の日でした。

その講義の受講生は二人で、もう一人の方が

仕事を無理してがんばっているためか、体調

不良でおやすみでした。そのために、講義内容が

変更になり、ピアジェを習いました。

何十年ぶりかに、ピアジェの概論をなりました。

1 感覚運動期 (0から2歳)

2 前操作期 (2歳から7歳)

3 具体的操作期 (7歳から11歳)

5 形式的操作期 (11歳から15歳)

幼児の思考の特徴

1 アニミズム(石が痛い。すべてのものに命がある)

2 実念論(空想できるものは実存する)

3 人工論(すべてのものを人は作り出すことができる)

認知発達モデル

 同化 ==> 調整  ==> 均衡化 を繰り返している。

ヒマワリ(2011/11/16)

2011_11_15_002

夏に咲いて実をつけていたヒマワリ。ヒマワリが植えられて

いた花壇に植栽していないヒマワリが発芽し、大きく成長

しています。ヒマワリの後では半袖の子どもたちが鉄棒の

練習をしています。

昨日、北海道や青森では初雪があったと聞いています。

日本は南北に長い国ですね。

2011_11_15_003

ヒマワリの先には、蕾が見えます。年内には大きな

花を咲かせてくれます。

2011_11_15_004

少し小さめのヒマワリはすでに開花していました。

2011_11_15_005

ヒマワリの全体に見受けられる毛、さわるとちょっと

かたいです。ヒマワリの花以外にも、いろいろな

特徴があります。いろいろな視点で、ヒマワリを

知りたいです。

2011年11月13日 (日)

CB1100(2011/11/13)

久しぶりに、休日晴れて時間があったので、早朝から

CB1100で那覇から北上しました。名護でガソリンを入れて

東海岸へ抜けて、大浦湾に出たところの道路に下のような

看板がありました。

2011_11_13_003

時間にもあるように午前11時15分から全面通行止めにも

関わらず、午前7時頃、その道路ではちょうど、センターラインに

コーナーコーンを立て始めていました。これがあると、追い越しが

できなくなり、もし倒れているのもがカーブを曲がったところに

あったら、よけきれない場合があります。

あきらめて、浦添市まで、南下しました。

先週から腰が痛いので、整骨院へいき、疲れをとりました。

空を見上げると、あまりに天気がよくまた、名護へ向けて北上しました。

2011_11_13_008

恩納村安富祖のバス停で休憩を取りました。

国道58号線をそのまま北に上がるのもいいのですが

県道104号線も走りやすい道なので大好きです。

その道を走りました。北部だけ、ツールド沖縄が開催されて

いると思っていたのですが、この道もゼッケンをつけた

自転車の選手が走っていて、相手の安全を確認しながら

走り、ちょっと気疲れをしました。

2011_11_13_009

今日のジャケットは、夏のバイク旅行前に買いそろえ、

夏のバイク旅行では暑くて大変でした。でも、今日は

それをつけて走り、気持ちがよかったです。

近頃、ユニクロで防風用Gパンを買ったのですが、今日の

ツーリングでは脚が暑くて大変でした。少しでも、バイクを

止めて、日差しに当たると、一気に体感気温が上がるのです。

次のツーリングまでには、普通のGパンを買い求めたいと

思っています。

今日は、那覇に戻るまでに、沖縄の走行ではこれまで最高の320kmを

走りました。燃費は19.6kmでした。

ガソリンは3カ所で給油したのですが、スタンドによって値段の差が大きく

本日一番安かったところは、宜野座IC出口のローソン側にあるJAおきなわSSの

宜野座SSで、ハイオクが1リットル126円でした。

今日は楽しく走れてよかったです。明日から忙しい仕事が始まります。

がんばります

2011年11月10日 (木)

FTR223サイドカバー変更(2011/11/10)

2011_11_06_ftr223_028

今まで黒いサイドカバーを取り付けていたのですが、オリジナルの

大きめのサイドカバーに戻すことにしました。

2011_11_06_ftr223_029

サイドカバー取り付ける金具を交換しないといけません。

サイドカバーの金具は、バイク屋さんに注文して購入した物が

現在ついていて、それをもとの金具につけ戻します。

2011_11_06_ftr223_030

左側が大きめのサイドカバー(白)を取り付けるための金具

右側が小さめのサイドカバー(黒)を取り付けるための金具

2011_11_06_ftr223_039

取り付け完了したバイク全体の様子です。今度はタンクを

交換する予定です。現在はパンダに近いイメージです。

※今日も昨日と同じように雨があるようです。腰の痛みが

よくなっているので、バイクで通勤予定です。

2011年11月 9日 (水)

FTR223のフロントフェンダー交換

去った日曜日に、FTR223のフロントフェンダーを交換しました。

2011_11_06_ftr223_001

前輪を外しても倒れないように固定しました。

2011_11_06_ftr223_011

前輪は、いくつかねじを順番よく外しました。

2011_11_06_ftr223_014

フェンダーは前輪ブレーキを外す際に使った六角レンチを使いました。

2011_11_06_ftr223_015

外した順番の逆につけていきます。前輪のシャフトドライブの

装着まではスムーズに進みました。

2011_11_06_ftr223_018

上の写真のようにできて、そこから反対側の穴に上手に入れるために

いろいろな無理をして、がんばって、とにかくトラブルも乗り越えて装着

しました。

下のようにできました。

2011_11_06_ftr223_024

翌日、朝から腰が痛くなり、コルセットをして仕事場にいき

その仕事帰りに整骨院へいっています。

今度は無理をしないで、作業ができるように工夫をしたいと

思いました。

2011年11月 8日 (火)

モクセンナ(2011/11/08)

2011_11_07_014

昨日、撮影したモクセンナです。公園や街路樹、庭先などに

よく見られます。同じCassia属で、ハナセンナ、コバノセンナも

あり、花だけでは同定しにくい場合もあります。

2011_11_07_001

仕事中に、手持ち撮影をしたでの満足できる作品が

撮れませんでした・・・

2011年11月 7日 (月)

FTR223の前輪ブレーキ分解清掃

2011_11_06_ftr223_010

近頃、雨が降ることも多く、その泥はねでバイクが

汚れます。日常の疲れで、集中力なく、分解清掃が

できていませんでした。昨日、やっと分解清掃ができ

ました。

2011_11_06_ftr223_025

分解清掃中の写真撮影はやはり、できませんでした。

手がオイル汚れで、カメラが持てないからです。

オイルの汚れは、オイルで拭き取り、それから洗剤で

泡立つことを確認しながら、洗います。その後、アルコール

スプレーで完全にオイルを飛ばして、必要な箇所にオイルを

ぬり完成です。

2011_11_06_ftr223_027

きれいにすると、すごく気持ちがいいです。ねじはしっかりと

締めています。

FTR223(ヘッドライトケースのボルト)

2011_11_06_ftr223_004

前に、スピードメーターケーブルが切れた際に、それを取り替えるために

ヘッドライトを外して行いました。上の写真のヘッドライトカバーのボルトが

わかるでしょうか!

2011_11_06_ftr223_005

その反対側から見ると、ボルトがゆるんで外れています。昼間は気づかない

のですが、夜、光源の照らされる範囲が若干違っていることに気づき、調べ

たら、ボルトがないのです。いつもいくバイク屋さんにいって注文したら、3から

4日ぐらい待つことになるだろうと言われ、部品を買いました。

2011_11_06_ftr223_006

上の部品が届きました。またなくしたら困るので二個注文し、一個を使い

ました。

2011_11_06_ftr223_009

休日も何かと忙しかったり、やる気が起きずに、やっと昨日、取り付け

作業を行いました。

メンテするときは、ねじをきちんと留めることが大切ですよ

2011年11月 6日 (日)

コダチアサガオ

2011_09_28_001

撮影日は2011年9月28日 場所は東村エコパークです。

この植物の同定が難しかったです。

知り合いの方々に尋ねても、なかなかはっきりしたことがわからなかったです。

2011_09_28_005

琉球植物図鑑によると、学名が

Ipomoea carnea Jacq. ssp.fistulosa (Martius ex Choisy) D. Austin

で、和名がコダチアサガオです。

「沖縄植物図譜」(著者 伊波善勇)に記載なし。

「沖縄の都市緑化植物図鑑」(海洋博覧会記念公園管理財団)に記載なし。

「樹に咲く花」(山渓ハンディ図鑑)に記載なし。

「沖縄を彩る熱帯の花」(編者 沖縄都市環境研究会)に記載あり、その中で

「ブラジルの原産で、高さ約2mになる常緑の低木である。別名で、キアサガオと

呼ばれている」と記述されています。

2011_09_28_008

「沖縄植物野外活用図鑑」では、コダチアサガオとしての記載がなく、キアサガオと

記載されています。学名が、琉球植物目録に記載されているものと若干違い、

Ipomoea fistulosa Martius ex Choisy

と書かれています。でも、同一の物をさしていると考えます。

2011_09_28_017

身近にたくさんの植物の花を見かけますが、その名前が

簡単にわかり資料が豊富にみつかるものと、そうでない

場合があります。

もっと、勉強しないとね・・・

 

2011年11月 5日 (土)

アツバキミガヨラン(2011/11/05)

2011_10_18_005

職場の庭にある植物が花を咲かさせました。葉は硬くその先がとがっています。そこに勤務して四年目を迎えますが、初めて開花しました。

2011_10_18_007

蕾の状態です。アオノリュウゼツランの葉を小さくした感じを受けたので同じ

リュウゼツラン科だろうと感じ調べていきました。その結果、わかったのが

アツバキミガヨランです。

資料によると、北アメリカ減算の常緑半低木で、茎は直立し、1.5から3m

の高さになります。

2011_10_24_006

沖縄植物野外活用図鑑代2巻では、ユリ科と

記述されていますが、琉球植物目録では、リュウゼツラン科と

記述されています。植物分類の変更が行われているのかも

しれません。

2011年11月 4日 (金)

小学校の修学旅行(2011/11/04)

今日から明日にかけて、勤務する小学校6年生の修学旅行があります。当初9月を予定していましたが、台風進路に当たり、延期になりました。那覇・浦添市から本部町へいき、そこで海洋博会場などを中心にいき、マリンスポーツを体験してきます。

この数年、那覇発の修学旅行定番内容が、マリンスポーツ体験です。カヌーを漕いだり、バナナボートに乗ったりしています。

10年以上前は、本部港から伊江島にフェリーで渡り、島内観光がメインでした。

時代と共に、内容も若干変わっているようです。

ケガをしないで帰ってきてほしいです。

2011年11月 2日 (水)

大学院(2011/11/02)

昨日は、大学院講義の日でした。講義が午後6時から始まる

のに、授業が行われる研究室前についたのが午後6時15分

頃でした。研究室が暗くて、講義が休みかなぁと思って、ドアを

見ても張り紙がない・・・

今日は、研究室から2kmぐらい離れているところで、ひきこもりの

親の会へ、講義の一環として参加することを思い出し、移動しま

した。それは午後7時からだったので間に合いました。

ひきこもりの親の会で、アドバイザーの人や参加者からお話を

伺うことができました。

・ひきこもりの原因を無理して聞き出しても、その原因解決で

ひきこもりが解決するわけではない。

・これからどうしていくかが大切である。

・ひきこもりの解決は時間がかかる物であるから、気長に

対応する。

・ひきこもりの場合、アドバイザーなどに入ってもらい、心理

的なのか、病的なものかを知ることが可能であり、専門機関

へつなぐことができる。

・昔子どもがひきこもっていた子の父親が参加していて、今は

引きこもっていない我が子に、そのときの理由を聞いたけれど

よくかわらないとあり、アドバイザーの人も、そのときそのときは

理由をもっているように見えるが、ふり返ったときにきくと理由は

あいまいになるそうです。

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »