2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

無料ブログはココログ

ウェブページ

« CB1100の燃費(2011/10/22) | トップページ | モモタマナの実(2011/10/23) »

2011年10月22日 (土)

ウスカワマイマイの交尾

今日、大学院の講義で、カタツムリの観察をしました。カタツムリを

集めることから始まったのですが、ウスカワマイマイの交尾を見つけて

撮影しました。

20111022

カタツムリは、雌雄同体です。1つの個体の中に、雄と雌の機能両方を

もっています。しかし、同一個体内での受精はできず、他の個体と交尾

することにより、子孫を増やしていきます。

他に、教えて頂いた中で、カタツムリは右巻きの殻をしていて、突然変異で

左巻きの個体が発生しても、左巻き同士の個体でしか交尾できないので

左巻きの個体が増えることが難しいそうです。

石垣島にはカタツムリを専門に食べるヘビ(イワサキセダカヘビ )がいて、

それは右巻きのカタツムリを食べるつくりをしており、左巻きのカタツムリを

食べられないそうです。そのため、左巻きのカタツムリが生存する可能性が

高いそうです。

カタツムリの大人か子どもかを見分ける方法は、その個体の大きさや巻き数では

なくて、殻の出入り口をさわった際に、ざらざらしていたら大人、滑らかなら子どもだ

そうです

少しだけ、カタツムリのことが詳しくなりました

« CB1100の燃費(2011/10/22) | トップページ | モモタマナの実(2011/10/23) »

08_大学院」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウスカワマイマイの交尾:

« CB1100の燃費(2011/10/22) | トップページ | モモタマナの実(2011/10/23) »