2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

無料ブログはココログ

ウェブページ

« サキシマスオウノキ(2011/10/02) | トップページ | オジギソウ(2011/10/03) »

2011年10月 2日 (日)

アメリカハマグルマ(2011/10/02)

「沖縄植物図譜」(海洋博覧会記念公園管理財団)によると

アメリカハマグルマの花について、以下のことが記述されて

います。

花は腋性で20cm内外の長い花柄を出し、2.5cm内外の

頭花をつける。13個内外の鈍頭の総包と、15個内外の

黄橙色の舌状花がある。

2011_09_28_002

最初、黄橙色(花弁の色)の舌状花が咲き始めます。

2011_09_28_001

次に中心の総包が咲きます。上の写真では、黒っぽい

点の場所になります。

2011_09_28_003

すべての花が咲いた状態です。粘性をもった雌しべの先が

2つに分かれ、黄色い花粉がついています。

***********************************************:

キク科の花はこのような順番で花を咲かせていきます。

一番わかりやすい花として、ヒマワリがあります。

« サキシマスオウノキ(2011/10/02) | トップページ | オジギソウ(2011/10/03) »

植物_キク科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカハマグルマ(2011/10/02):

« サキシマスオウノキ(2011/10/02) | トップページ | オジギソウ(2011/10/03) »