2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

無料ブログはココログ

ウェブページ

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月30日 (金)

ショウキズイセン(2011/09/30)

2011_09_28_006

ヒガンバナ科ショウキズイセンです。

撮影日時:2011年9月28日(水)

撮影場所:東村エコパーク入り口

2011_09_28_001

花茎から総包片から蕾がいくつか見えます。

野草図鑑(保育社)、野に咲く花(山と渓谷社)の資料では、ヒガンバナは

記載されているが、ショウキズイセンは記載されていません。

沖縄植物図譜(海洋博記念公園管理財団)の資料には、両方が記載

されています。その違いとして、ショウキズイセンはヒガンバナより大型。

形状は似ているが花は黄色なので区別しやすいとある。

2011_09_28_005

最初、ヒガンバナの園芸品種と改良され、ヒガンバナと取り扱う

ところでした。調べてみると、ヒガンバナ(Lycoris radiata(L'Herb.) Herb.)

ショウキズイセン(Lycoris traubii Hayward)とあり、2種類であることが

わかりました。

ヒガンバナ(2011/09/30)

2011_09_25_027

ヒガンバナです。撮影日時は2011/09/25、撮影場所は金武町屋嘉バス停前の民家です。国道沿いから観察することができます。全国ニュースなどで、季節の風物詩としてヒガンバナが紹介されますが、沖縄では意識して探さないと見つからない園芸植物に近いと考えます。

2011_09_25_008

ヒガンバナは、外花被3枚、内花被3枚、雄しべ6本、雌しべ1本、開花時に葉はみられません。

りん茎は、昔から有毒成分が含まれていることが知られています。飢饉の時は、そのりん茎に含まれる有毒成分が水溶性であるため、十分に水で洗い流し、残ったでんぷん質を食したそうです。現在、それを個人的に試みた場合、有毒成分が残って中毒することに繋がることが想定されます。

2011_09_25_020

花茎の先に、放射状に5から10の花がつきます。上の写真は6つ花がついています。

ヒガンバナ科の花の特徴として雌しべの子房が、花の横からみると見えます。上の写真では緑色が膨らんでいます。(子房下位)。

それに対して、ユリ科の花の特徴として、雌しべの子房が、花の横からみてもわからず、花の中をのぞき込み、柱頭の付け根に見ることができます。(子房上位)

2011_09_25_024

果実に種子ができず、まれにできてもめったに発芽しない。

*********************************************

今回の資料として、長田武正 著、長田喜美子 写真 「野草図鑑2 ゆりの巻」(保育社)を活用しました。この本ではヒガンバナは記載されていましたが、ショウキズイセンが記載されていません。

2011年9月23日 (金)

サガリバナ(2011/09/23)

2011_09_21_025

那覇市首里崎山町公民館前の馬場通りでは、サガリバナが

夜になると、一夜限りの美しい花を咲かしています。翌日の

朝には地面に落ちています。

2011_09_21_005

サガリバナは、西原町では「サワフジ」と言い、

西原町の花に指定されています。

2011_09_21_020

蕾のときに一番最初に出ている赤みを帯びたものが雌しべで

残りのものは雄しべになります。咲いた翌朝は花が散るので

受粉ができないように感じますが、結実はでき、実がなります。

2011年9月22日 (木)

オシロイバナ(2011/09/22)

2011_09_21_006

昨日、撮影したオシロイバナ科オシロイバナです。

朝になるとしぼんでいる花で、開花時間を調べると

夕方から咲き始めています。翌朝にはほとんどしぼんでいます。

2011_09_21_019

オシロイバナの雄しべが5本、雌しべが1本です。咲き始めは、夜咲く花の特徴である芳香(ほうこう)が弱いけれどしました。オシロイバナは、ピンクの花がおおく、この写真のように白は少ないです。

2011_09_21_022

オシロイバナの由来は、実は黒く、その中が大変白い粉のようにみえるから名付けられました。

FTR223のスピードメーター(3)

メーターケーブルを交換するために、ヘッドライトカーバーを

外すことにしました。なぜ、それを最初からしかったか

というと、前に外して取り付けるときに苦労したからです。

2011_09_19_ftr223_009

ヘッドライトカバーを六角レンチで外して、切れたケーブル

と、新品を交換することができました。

さきほど、外したねじを取り付けようとしたら、ねじ穴の

向こうにある金具がヘッドライト内に落ちていて、ヘッドライトを

外すことになりました。

2011_09_19_ftr223_011

ねじを外して、ヘッドライト取り出して、ヘッドライト

カバーを六角レンチで取り付けました。その後、

ヘッドライトを取り付けようとしたら、うまく取り付けられず

悪戦苦闘の末に、取り付け完了です。

2011_09_19_ftr223_013

上の写真が古いケーブルです。今はしっかりとメーターが

動くのでよかったです。連休は、バイクメンテもがんばり

ました。

 

2011年9月21日 (水)

FTR223のスピードメーター(2)

スピードメーターケーブルの取り替えをタイヤ側から

するべきか、それともメーター側からするべきかを

考え、タイヤ側からすることしました。最初のねじは

前に書いたようにすぐに外れました。

切れたケーブルを入れ替える形で、新品のケーブルを

接続させていきました。

二つめに外したねじはフォントフォークについていた

2011_09_19_ftr223_005

もので、すぐに外れました。

次は

2011_09_19_ftr223_006

でこのねじも簡単に外れました。

ナットのねじは外しやすいですね。

次はどのねじを外すのかなぁとケーブルをたどっていくと

スピードメーターに繋がっています。メーターを取り付けて

あるねじを外すことにしました。

2011_09_19_ftr223_007

狭いところなので、一つめをどうにか外しました。もう一つの

ねじを回すために、隙間に工具が入らないので、外すのを

あきらめて、外したねじをもとにもどしました。

で、次は、どれを外そうかと思って考え、

2011_09_19_ftr223_008

上の写真のねじを外すことにしました。このねじは左右にあり

簡単に外すことができました。で、メーターの後に繋がっている

ケーブルを外そうとしたら、メーターを逆さまにしないと外せない

のです。たくさんのケーブル類があり、それもできずに断念しま

した。

ねじを元通りにしました。(続く)

FTR223のスピードメーター(1)

先週、FTR223を運転していたら、さっきまで動いていた

スピードメーターが動かないスピードメーターケーブルが

切れたみたい・・・

職場について、バイク屋さんに部品の注文をしたら、現金で

しか部品注文ができないというので、夕方、バイク屋さんへ

いき、部品発注をしました。値段は税込みで約1500円です。

沖縄に在庫があるので、明日届きますとの対応でした。沖縄に

部品の在庫があるということは、他のバイクとの共通部品か、

もしくは、壊れやすい消耗品なのでしょうね。

部品が届いた翌日、さて交換をしようかと思って、

2011_09_19_ftr223_004

上の写真のねじを外そうとしたら、工具箱にあるドライバーでは

回らずに、ねじ山をつぶしそうになり、メンテは一時中断です。

更に翌日、那覇にある南海部品にいって、ドライバーを買い求め

ようとしたら、ドライバーの品数が少なく購入をあきらめました。

で、先週の土曜日、宜野湾市にある アストロプロダクツ 沖縄宜野湾店へ

いきました。お店の方に、ねじをみてもらい、それにあうドライバーをお願いした

ところ、私がもともと持っていたドライバーで合うはずですよとの説明。

でも回らないので、そのひとつ大きいサイズを出してもらい、その場でチャレンジ

しました。やっぱり回らないのです。どうしたらいいですかと店の人に相談した

ところ、インパクトドライバーがあるから、それを使ってみたらどうかの提案を

受けて、購入しました。

購入後、駐車場にいたら、店員さんが出てきて、ここでチャレンジしてみては

いかがですかと、説明を受けながら、チャレンジしました。私がやって、やっぱり

回らず・・・、見かねた店員さんもチャレンジして回らず・・・ 後は家に帰ってから

続きをしますと、お店を後にしました。

車庫で続きをするも、回らずにあきらめて、バイク屋さんにいきました。

担当の方にねじをひとつだけ外してもらうことになり、チャレンジしてもらったら

通常のドライバーですぐに外れました。担当の人の推測としては、車庫で一番

最後にしたときにゆるんでいたのでしょうねと話でした。

ここまで来るまでにかなり疲れました  (続く)

2011年9月20日 (火)

ホコバテイキンザクラ(2011/09/20)

2011_09_18_002

この花をみて、テイキンザクラと覚え間違えをしていました。

資料「琉球植物目録」、「沖縄植物野外活用図鑑」、「沖縄植物図譜」では統一して

Jatropha integerrima Jacq. ホコバテイキンザクラ

Jatropha hastata Griseb. テイキンザクラ

と記述されています。しかし、「沖縄の都市緑化植物図鑑」では

Jatropha integerrima Jacq. を テイキンザクラ と記述されています。

最初の写真は、正確にはホコバテイキンザクラなのです。

名前の由来となった「ホコバ」とは「ほこ(矛、鉾、戈)」と「は(葉)」に

分かれ、「ほこ」とは「両刃の剣に柄をつけた、刺突のための武器」の

意味になります。

昨日、末吉公園で撮影したホコバテイキンザクラの葉を観察すると

「ほこ」がないもの

2011_09_19_018

「ほこ」がひとつだけあるもの

2011_09_19_004

「ほこ」が両方にあうもの

2011_09_19_015

ひとつの個体に3種類の葉をみることができました。

****************************************

ホコバテイキンザクラは雄花雌花が同じ株に咲きます。

2011_09_19_026

ホコバテイキンザクラの雌花です。柱頭は3つに分かれた後、

それぞれが2つにわかれており、合計6つに分かれています。

2011_09_19_035

ホコバテイキンザクラの雄花です。

5つの短めの雄しべと5つの長めの雄しべがあり、合計10本に

なっています。

いくつもの資料をみないと、言葉が揺らぎそうです。更にきづいたことは、テイキンザクラの写真を撮ったことがない・・・

タマスダレの実と種(2011/09/20)

2011_09_18_017

タマスダレの実です。花茎の上にあったものを撮影しようと

試みたのですが、風に揺られてピントがあわないために

切り離して、1mm方眼紙の上で撮影しました。

2011_09_18_014

熟していると実は裂けて、黒い種子が折り重なるように

入っています。

2011_09_18_007

自然の状態では、種子が落ちて、左のような実が花茎の

先についていることになります。

2011_09_18_019

種子の大きさは約7mm X 約4mmの半月形を

しています。

2011年9月19日 (月)

モミジバヒルガオ(2011/09/19)

2011_09_18_002_2

昨日、那覇市立城南小学校で撮影したモミジバヒルガオです。

午後になるとしおれてしまうので、早い時間がきれいです。

2011_09_18_005

葉が裂けて、紅葉のように見えるからと名前がついたと

いわれています。

2011_09_18_015

いくつかの資料を読んでいると年中開花していると記述されて

います。でも、たくさん開花するのは夏場だと思います。

オオゴチョウ(2011/09/19)

2011_09_18_042

マメ科オオゴチョウです。昨日、首里金城町で撮影しました。道路沿いの民家の塀越しにみられます。資料によると、開花時期は6月から11月になっています。

オオゴチョウはサンダンカ、デイゴとともに沖縄の三大名花とされています。

2011_09_18_029

青空に向かう蕾。いい写真が撮れました

マメ科の植物なので、実は特徴的な形をしています。

2011_09_18_037

*********************************:

日本復帰の前、郵便には琉球切手が使われていました。

そのデザインの中に、オオゴチョウが使われているものが

あります。ググってみたら、見つかりますよ。

2011年9月18日 (日)

ムクゲ(2011/09/18)

2011_09_18_024

アオイ科ムクゲの写真です。「沖縄の都市緑化植物図鑑」によると

「花は淡い桃色が多く、白色、紅色の品種がある。園芸品種が多数あり

一重咲き、八重咲きなどがある」

ということで、今日、撮影したムクゲです。場所は、那覇市松川1丁目と

那覇市首里寒川町の通称いろは坂になります。

2011_09_18_004

八重咲き

2011_09_18_039

白色の八重咲き

2011_09_18_047

薄い桃色で、一重咲きと八重咲きの中間の咲き方をしていました。

資料によると、ブッソウゲは年中開花時期とあるが、ムクゲは4月から11月とある。

台風により開花時期に差違がみられるかと思ったが、資料通りの時期に開花した

ことになる。

   

フクギ(2011/09/18)

2011_09_18_002

今朝、撮影してきました。場所は那覇市松川(新城歯科医院付近)です。

那覇市の市木でもある「オトギリソウ科フクギ」です。雌雄異株で、近頃

雌株に黄色い実がつき始めています。

2011_09_18_008

コウモリや野鳥の餌になったりします。

2011_09_18_012

黄色く色づく前の緑色の実もみられます。

2011_09_18_014

実は道路に落ちて、割れて種子が見えているものもあります。

「沖縄の都市緑化植物図鑑」によると果実は食用にならないと記述されています。

2011_09_18_021

道路のすみには、種子がありました。

道路に落ちた実を自動車が踏みつけて、道路一面、一時期臭いと

感じることがあります。

2011年9月16日 (金)

ニトベカズラ(2011/09/16)

2011_09_15_004

近頃、沖縄島のあちらこちらで、ニトベカズラが咲き始めています。

タデ科で、濃いピンクのツル性植物です。

資料によると、台風で葉が傷められることがあるが、生長が早い

ためにすぐに回復するとあります。

2011_09_15_011

ニトベカズラの葉です。

2011_09_15_012

太陽の光に当たると大変きれいに見えます。

今回の撮影場所では、ミツバチがたくさんいません

でしたが、普通は開花時にミツバチがたくさん飛んで

いて、刺される心配をしながらの撮影になります。

****************

台風15号の被害が心配です。

   

2011年9月15日 (木)

ヘチマ(2011/09/15)

2011_09_15_001

ヘチマの実が緑色から茶色に変わり、中にある実も熟しています。

緑色の状態で、野菜として食する習慣がある沖縄では、茶色い実を

みる機会が少なくなります。

2011_09_15_002

小学校4年生理科をしたところ、ヘチマという植物名(和名)と

野菜として日頃使われているヘチマ(野菜:ヘチマの実)が

同レベルで使われて児童の観察記録がたくさんありました。

今度、指導する際は、その表現の違いを事前に意識して

指導する必要がわかりました。

もうすぐ台風がやってきます。このヘチマは台風で飛ばされて

しまうのかなぁ?

2011年9月14日 (水)

小学校の修学旅行

那覇・浦添市の小学校修学旅行では、沖縄島本部町へ

行くことが多いです。海洋博会場にいくプランや、少なくなって

いますが伊江島に渡ったりします。運良く施設が利用できる

場合は、海洋レジャー体験の場合もあります。そのような

いろいろな計画は、基本的に晴天が想定されています。

明日から、小学校修学旅行へいくところがありますが、

台風15号の影響で天候が崩れると天気予報が出ています。

できるだけ影響が出ないように願っています。

2011年9月12日 (月)

ぜんざい(2011/09/12)

2011_09_10_006_2

先週の土曜日に、名護で食べたぜんざいです。大変冷たくて

暑い体を冷やしてくれました。

2011_09_10_009

名護市立東江中学校側にあるこの食堂で、ぜんざいの値段は250円です。

手頃なサイズですごくおいしかったです。

バイクの乗って出発しようとしていたら、この食堂のおばさんにまた、

食べにおいでねといわれました。(^-^)/

2011年9月11日 (日)

電気自動車のスタンド(2011/09/11)

2011_09_10_005

国道58号線から、屋我地島や古宇利島へ行く道の交差点にある

コンビニ駐車場に、電気自動車のスタンドがありました。これまで、

沖縄自動車のサービスエリアでは見かけたことがあるのですが、

コンビニ駐車場ではじめてみました。ガソリンより環境に優しく

経済的だといわれています。

電気自動車が普及するにつれて、あちらこちらで見られる風景に

なるのでしょうね。

サキシマスオウノキ(2011/09/11)

2011_09_10_001

昨日のツーリングで、東村のサキシマスオウノキをみてきました。

この名前が何をさすのかが、わからない方もいると思います。

私も数年前まで、わかりませんでした。

2011_09_10_006

アオギリ科の植物で、東村では昭和59年に天然記念物に指定しています。

板のような根(板根)をつくることで有名で、沖縄島ではもっとも発達した根を見せて

いるといわれています。

2011_09_10_028

樹全体を支えるために、特徴的な発達をしています。

2011_09_10_034

その板根にひとつだけ、セミの抜け殻を見つけました。クマゼミなどの

抜け殻に比べて大変小さいものでした。私は昆虫に詳しくないので、

わかりません・・・

2011_09_10_023

サキシマスオウノキの実も特徴的な形をしています。

今年は上の写真のように小さな実がついていました。

約1年前の2010年9月8日に同じ場所で撮影したものを

みると

Dsc_3290

上のような写真の実が樹の下にいくつも落ちていました。今年は

このような実を確認できませんでした。台風による影響があるのかも

知れません。

2011年9月10日 (土)

CB1100ツーリング(2011/09/10)

朝、7時過ぎに那覇を出て、北に向かいました。

沖縄自動車を崎山から乗り、宜野座で下りて、北に進みました。

2011_09_10_cb1100_001

8時半に東村のサキシマスオウノキで最初の休憩を取りました。

那覇からここまでの走行距離、92.9kmです。暑さもそれほどなく

運転しやすかったです。

そこから、一路、北へ向かいました。

2011_09_10_cb1100_004

先週も来た、高江共同組合売店で2回目の休憩です。

2011_09_10_cb1100_003

小腹が空いたので、売店内で缶コーヒーとパンを買って食べました。

先週は店内で飲み物を買おうとしたら、レジの調子が悪くて外の自販機で

飲み物を買いました。ここでゆっくりと休憩して、一路、沖縄島最北端の

辺戸岬を目指して出発しました。

だんだん太陽が昇るにつれて、真夏の日差しになり、Uターンして、南下しよう

かと考えましたが、東海岸を通るより、西海岸を南下した方が道が直線で

早くなるだろうと考えました。それにしても一気に暑くなりました。

2011_09_10_cb1100_007

この道路標識付近の木々の影で一休みです。本当に暑くなってきました。

2011_09_10_cb1100_008

この道路標識付近で、今日の走行距離が154。8kmになりました。

そこから一路、西海岸を南下して、途中、コンビニでトイレタイムなどをとり、

名護のひがし食堂にきました。

2011_09_10_cb1100_009

そこで、ぜんざいを食べて、体を冷やして、ほっとしました。

名護曲レストラン前で、スコール性の大雨に5分程度遭い、ずぶ濡れで

そのまま南下し、 那覇まできました。

今日の走行距離273km、ガソリンが13.8リットルになりました。

燃費が約19.8kmでした。

名護で雨に濡れてバイクが汚れたので洗車して、ピカピカにしました。

洗車中の暑さで、一度乾いた洋服がずぶ濡れのようになりました。

まだまだ、真夏の沖縄です。

2011年9月 9日 (金)

リュウキュウマツ(2011/09/09)

2011_09_08_001

今のリュウキュウマツの実の様子です。

この写真を5年生に見せて、何だろうと聞いたら、パイナップルと

発表する子がいました。

他の意見は聞いたら、マツと発表してくれました。

パイナップルと発表した子どもは、実の形から、想像を膨らませて

いると思います。一応、気持ちがわかります。

マツと答えた子どもは、実の記憶は定かではないのですが、

葉の様子から、マツだとわかったそうです。

一度、教えたことでも、ときどき繰り返して復習する必要があるようです。

ナンバンサイカチ(2011/09/09)

2011_09_08_014

ナンバンサイカチの花が咲いています。毎年6月から7月頃に

みられる花です。今年は一度、咲き終えました。台風が

沖縄島に何回も来たため、植物として、次の世代への種子を

残すためにまた咲き始めています。

*******************************************

昨日、小学校5年生理科の授業で、この花を見せて、名前は

何ですかと聞いたら、黄色だから、ヘチマと発表した子がいました。

7月頃に、この花を丁寧に観察して、絵に描いたのに、すっかり

忘れているようでした。で、このナンバンサイカチの実を取りだして

見せたら、すぐに思い出してくれました。この実を割ると、熱帯独特の

強いにおいがするため、子どもによっては臭いと毛嫌いする場合も

あります。印象的な経験は大切ですね

2011年9月 8日 (木)

ヒマワリ(2011/09/08)

2011_09_02_009

7月頃に満開に咲いていたヒマワリも実になり、種子をつけています。

ヒマワリの種子は、撮影の被写体として、黒が中心になるために、露出が

難しくうまく撮れていませんでしたが、今回はうまく撮影できました。

この写真から、ヒマワリだとわかる人はよく植物をみていると思います。

2011_09_02_015

更にヒマワリの実の断面図です。このアングルもやっと撮影できた

感じがします。

ヒマワリの植えられているのをみると、実になる前に植え替えられて

いる場合もあるので、できれば熟するまで、そのまま植えていてほしい

と思います。

2011年9月 7日 (水)

FTR223パンク(2011/09/07)

今朝、出勤途中で、走行に違和感を感じ、一時停止して

調べてみると後輪に釘が刺さり、パンクしていました。

そのため、スピードを落として、ゆっくりと出勤しました。

夕方年休を出して、パンク修理に職場近くのバイク屋に

行くと明日まで預からせてくださいとのこと・・・

早く直したかったので次のバイク屋に・・・

すると、チューブのタイヤ修理はしていないとのこと・・・

更に別のところにいくと、3500円ぐらいかなぁというので

前に直したときはそれほど高くないように覚えていて、

ここも取り消して、

家の近くのタイヤ屋さんへいき、丁寧な修理で1500円で

すみました。

パンク修理中に大雨になり大変でした。

明日は安全な運転ができそうです。抜いてもらった釘をみたですが

見事に刺さっていました。

運転中、おかしいと思ったら一時停止して点検しましょうね!

2011年9月 6日 (火)

先行研究(2011/09/06)

大学院の修論を書くために先行研究を読み理解をして

いかければならない。でも仕事が終わって、夕方や休日に

取り組もうとしても、やる気が十分に集中高めることが

できない。

そこから、どう自分を見つけて、目標にたどり着くのか!

一考しなければいけない!

2011年9月 4日 (日)

高江共同売店(2011/09/04)

今日は、CB1100に乗って、那覇から東村高江共同売店まで往復してきました。

走行距離232km、ガソリンは12リットルになりました。燃費は約19.3kmになりました。

行きは、那覇から名護まで高速道路を使い、帰りは一般道にしました。11時過ぎには那覇に戻ってきたので、激しい暑さにはあわずにすみました。

この共同売店は、バイクの人がちょうど休憩する地点にもあたり、たくさんのライダーが休みにきます。私はソロなので、缶コーヒーを飲みながら、水分補給もしていました。当初、高江共同売店で休憩後、辺戸岬へ行こうと思ったのですが、厚い雨雲があり、予定を悩んでいました。他のライダーの話に聞いていると、濡れてもいいから、辺戸岬へ向かうグループと、濡れるよりは折り返して南下するグループがあり、私は一路、南下する方を選びました。

金武までは東海岸を走り、県道104号線を通って、西海岸の安富祖に抜けて、再び南下して那覇までいきました。県道104号線沿いは、交通量も少なく、バイク走行には楽しい道路のように感じています。

2週間ぶりにCB1100に乗りました。

バイクはすごく楽しいですね。

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »