2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

無料ブログはココログ

ウェブページ

« モミジバヒルガオ(2011/09/19) | トップページ | ホコバテイキンザクラ(2011/09/20) »

2011年9月20日 (火)

タマスダレの実と種(2011/09/20)

2011_09_18_017

タマスダレの実です。花茎の上にあったものを撮影しようと

試みたのですが、風に揺られてピントがあわないために

切り離して、1mm方眼紙の上で撮影しました。

2011_09_18_014

熟していると実は裂けて、黒い種子が折り重なるように

入っています。

2011_09_18_007

自然の状態では、種子が落ちて、左のような実が花茎の

先についていることになります。

2011_09_18_019

種子の大きさは約7mm X 約4mmの半月形を

しています。

« モミジバヒルガオ(2011/09/19) | トップページ | ホコバテイキンザクラ(2011/09/20) »

植物_ヒガンバナ科」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。克明な写真に解説、楽しみにしています。さすが理科の先生ですね。
 私は、実は2度目の修士課程の院生、養護教諭、精神保健福祉課程の学生です。最初の修士後に教員になり、20年たって、また院生です。教員もやっていますよ。専門は、障害者福祉と、障害児心理、カウンセリングです。福祉の色が濃い心理系です。
 夕方の授業や土曜日の授業をとったり、集中してとったりと、いい加減な学生です。論文も多分「書き方」をしっているので、悩まないんですよ。ブログも誤字脱字だらけで、文章も推敲なしです。性格がでています。OBによると、修論は「気合い」だそうですからとにかく出すように、と。博論は理論、実践が問われますが。
 まあ、体調がめちゃくちゃ悪いので、おまけしてもらっているかもしれません。来月は社会福祉学会で発表です。来年はお金と体力が持てば、博士の院試です。
 沖縄は好きですが、もう飛行機にはのれない体ですので、沖縄の珍しい写真を見るのを楽しみにしています。見ていると沖縄を思い出して長生きできそうですから。辛気くさい話になりごめんなさい。
 よろしければ、今後もブログをのぞかせてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タマスダレの実と種(2011/09/20):

« モミジバヒルガオ(2011/09/19) | トップページ | ホコバテイキンザクラ(2011/09/20) »