2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ

ウェブページ

« 茶処真壁ちなー(2)シーサー | トップページ | 茶処真壁ちなー(4)フール »

2011年7月 5日 (火)

茶処真壁ちなー(3)登録有形文化財

2011_07_03_029

この古民家は、登録有形文化財に登録されています。

2011_07_03_033

2011_07_03_034

この登録に関して、いろいろな話を糸満市役所の方から伺うことができました。戦後、真壁・喜屋武・摩文仁の3村は、1946年4月4日に合併して三和村を形成しました。その際、中心になった方が、この建物の家主の先々代(金城増太郎)で、三和村の村長さんの生家で臨時村役場にもなったそうです。

文部省に登録を申請する際、「金城増太郎生家」とか「ちなー」とかいろいろな名称で糸満市から県へ、県から国へと申請し、修正を求められ、現在の家主である名称で認められたそうです。

その登録証が屋内に飾られています。

« 茶処真壁ちなー(2)シーサー | トップページ | 茶処真壁ちなー(4)フール »

01_沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 茶処真壁ちなー(3)登録有形文化財:

« 茶処真壁ちなー(2)シーサー | トップページ | 茶処真壁ちなー(4)フール »