2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ

ウェブページ

« タイワンハチジョウナの葉のつきかた | トップページ | イチハツの実2(2011/4/3) »

2011年4月 2日 (土)

オオイタビ

2011_03_21_002

クワ科オオイタビです。沖縄では、ブロック塀や石垣などにくっついて生えています。生育条件によって、見た目が大きく変わります。この写真は、那覇市大石公園で撮影したものです。

沖縄植物野外活用図鑑(池原直樹 著)では、「無花果で倒卵状球形で紫色に熟します」とあります。無花果は、イチジクと読みます。花嚢 を付け内部に小さな雌花か雄花を咲かせる雌雄異株です。

2011_03_21_004

大きさは上のような写真になります。

2011_03_21_003

花嚢 の中を半分に切ったものですが、まず、花が咲いていないことがわかります。次にこれから雄花なのか、雌花なのかについて、わかりません。勉強の必要があります

« タイワンハチジョウナの葉のつきかた | トップページ | イチハツの実2(2011/4/3) »

植物_クワ科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オオイタビ:

« タイワンハチジョウナの葉のつきかた | トップページ | イチハツの実2(2011/4/3) »