2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

ウェブページ

« テッポウユリ(大石公園) | トップページ | コガネノウゼン »

2011年3月24日 (木)

ゴモジュ(大石公園)

2011_03_21_007

沖縄植物野外活用図鑑第5巻低地の植物(池原直樹 著)によるとゴモジュは

「石灰岩地層に多く見られる常緑の低木。茎はよく分枝している。核果は楕円形で赤熟します。」

とあります。私が観察した場所は、石灰岩地層です。

2011_03_21_003

実の大きさは約7mmぐらいで、赤熟しています。

2011_03_21_004

核果と書かれていることは、種子が実の真ん中にあるものです。上の写真をみて、実の真ん中の白い部分がそれに当たります。カッターナイフで切れました。まだ熟していないかも知れません。

浦添市のある小学校運動場にあるゴモジュは、この観察地のゴモジュのように赤みを帯びていません。地域や環境によって、成熟に差があるようです。

« テッポウユリ(大石公園) | トップページ | コガネノウゼン »

植物_スイカズラ科」カテゴリの記事

コメント

この実は食べられるのですか?那覇には色々な植物がありますね。うん。勉強になります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴモジュ(大石公園):

« テッポウユリ(大石公園) | トップページ | コガネノウゼン »