2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

ウェブページ

« 実感を伴った理解(難しそうに感じるけれど) | トップページ | カラシナからアブラナへ訂正 »

2011年3月 2日 (水)

Ai AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8D

Dsc_7821

上の写真は、Ai AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8Dです。植物の写真を撮る際に、どこかで使うレンズです。1993年12月 4日に発売されたレンズで、私が使うようになって10年以上たっています。現在も販売されていますが、新しい「G」シリーズが出ており、いつかは廃盤になるレンズです。後一本、同型を所有していたいレンズです。

どうして、このレンズを使うのか?と疑問に思うかも知れませんが、Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IFでできるだけ近づいて、CB1100の鍵を撮してみました。その写真が下になります。

Dsc_7824

今度は、Ai AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8Dのレンズを装着して、どこまで近づくことができるかチャレンジしたら、下の写真です。

Dsc_7825

さすがマクロ(接写)用レンズです。長年にわたり、酷使した部分もありますが、壊れることもなく、使えるので嬉しいです。

今は室内で撮影したので、風の影響がなく三脚を使わずに撮影できましたが、植物を撮るときは手ぶれが起こりうるので、三脚を必ず使い、写真を撮っています。

« 実感を伴った理解(難しそうに感じるけれど) | トップページ | カラシナからアブラナへ訂正 »

04_カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Ai AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8D:

« 実感を伴った理解(難しそうに感じるけれど) | トップページ | カラシナからアブラナへ訂正 »