2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

無料ブログはココログ

ウェブページ

« ヒゴロモソウ | トップページ | オオハマボウ(2) »

2011年1月 8日 (土)

オオハマボウ(1)

2011_01_08_mihama_045

今日、沖縄県北谷町美浜の海岸沿いを観察しました。そのとき、その公園でみたオオハマボウ(アオイ科)です。沖縄植物野外活用図鑑第4巻では、「海岸に多く見られる常緑の亜高木。幹は直立し、分岐が多く高さ4から8mくらいになります」と記述されています。高さがわかるように外灯と一緒に撮影しているので、その高さがわかると思います。

2011_01_08_mihama_103

オオハマボウとサキシマハマボウは、手元の資料を見ると違いについて、書かれておりません。資料の写真を比べると、オオハマボウの雌しべの先が暗紫色をし、雄しべの長さがサキシマハマボウに比べ短い。サキシマハマボウの雌しべの先は白色系の色をし、雄しべの長さがオオハマボウに比べ長い。

今回、撮影した写真を見ると、雌しべの先が暗紫色をしており、同定理由になると判断しています。

オオハマボウの花は、朝は黄色い色をし、夕方はオレンジ色になると記述されていますが、この写真を撮影した午後4時には黄色い色をしており、季節、気候、天気によって一概にいえない部分があるように感じました。

« ヒゴロモソウ | トップページ | オオハマボウ(2) »

植物_アオイ科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オオハマボウ(1):

« ヒゴロモソウ | トップページ | オオハマボウ(2) »