2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

ウェブページ

« キダチロカイ(2) | トップページ | イッペイ(1) »

2011年1月23日 (日)

キダチロカイ(3)

小さい頃、火傷をするとキダチロカイの葉を切り取り、中の葉肉質の部分を湿布代わりにしていた記憶があります。実際にそれで効果があったかどうかは覚えていません。

昔、大阪で花博というものあり、並んであるパビリオンに入ったら、キダチロカイだと思う植物が珍しいものとして取り扱われていて、それだったら沖縄のあちらこちらにみられるものだと感じたことを思い出しました。

今回、観察しているキダチロカイの葉を切って見ました。

2011_01_16_151

1cmのマスが書かれているカットマットの上に置いてみましたが、長さよくわかりません。

2011_01_16_157

曲がっているところ切り、直線になるように並べてみました。長さの実測として約40cmぐらいありました。

葉を輪切りしてみると、

2011_01_16_171

上のような写真になりました。今度は1mmのマス目が書かれている方眼紙の上に置いてみました。だいたいの大きさがわかると思います。葉肉質部分が透明に近く方眼紙のマス目が透けて見えました。

お店などで、アロエ(アゴエベラ)入りヨーグルトという商品があるので、キダチロカイのこの部分を食べてみようと思い、食べてみると歯ごたえはありますが味は特別何もありませんでした。苦みなどがあるかなぁと思っていませんが違っていました。

« キダチロカイ(2) | トップページ | イッペイ(1) »

植物_アロエ科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キダチロカイ(3):

« キダチロカイ(2) | トップページ | イッペイ(1) »