2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

無料ブログはココログ

ウェブページ

« キダチロカイ(3) | トップページ | イッペイ(2) »

2011年1月24日 (月)

イッペイ(1)

2011_01_24_001

今日、和名「イッペイ」を撮影しました。この植物は、ノウゼンハレン科で、学名を「Tabebuia avellanedae Lorenz ex Griseb.」といいます。

この植物の和名「イッペイ」を薄い桃色(紫色)なのですが、和名「コガネノウゼン」を沖縄の人々の間で、「イッペー」と呼ばれているために、混同しやすい植物になります。

私も植物を学びはじめたころは、和名「コガネノウゼン」を「イッペー」と呼んでおり、植物を教えていただいてる先生から、それは間違えていると教えていただきました。そして、その先生と沖縄県立図書館側に植えられている和名「イッペイ」を見に行きました。

職場で周りの人が、「黄色い花が咲くイッペーの色違いだ」との話が聞こえてきました。一応、同じノウゼンハレン科Tabebuia属になるので、その訂正をするよりは、確かにヒャクニチソウの花にはいろいろな色の花が咲くので、その経験値からの延長線上の知識だと思いました。それも一つの学び方として、いいのだろうと考えています。

2011_01_24_003

今日は曇り空だったので、フラッシュをつけて撮影しました。

明日は、和名「イッペイ」の花のつくりについて書きたいと思います。

« キダチロカイ(3) | トップページ | イッペイ(2) »

植物_ノウゼンカズラ科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イッペイ(1):

« キダチロカイ(3) | トップページ | イッペイ(2) »