2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

ウェブページ

12.癌について

2019年5月 5日 (日)

バイクの給油

Dsc04136  

 昨日、血液検査の結果、好中球という成分が抗がん剤治療をするために

必要な基準を満たしたので、入院し、治療することができました。今日の

昼ご飯を食べて、退院しました。次は今度の金曜日に年休を出して、2時間

検査等をして、好中球が基準を満たせば、また入院して治療ができます。

平日は仕事、頑張ります。

今日は、退院してきて、バイクにガソリンを入れてきました。平日は仕事場と家の

往復が中心です。ガソリンスタントの洗車コーナーはすごく混んでいました。

私の車も汚れているので、洗車をしたいと思います。明日、早起きできるかなぁ!

 

2019年4月29日 (月)

治療

Dsc04096  

 

金曜日に血液検査をして、抗がん剤治療に必要な好中球の量を調べました。

良好だったので、土曜日に入院し、今日月曜日まで入院していました。

入院中に出た食事です。美味しかったです。次は5月4日土曜日に、血液検査をして

好中球がある程度回復していれば、抗がん剤の治療をします。好中球が少ないと

その好中球を多くするために治療をします。

 

緩和治療ではなく、抗がん剤治療が継続できることはよかったです。

家族の方で癌治療が必要な人がいるところもあると思います。治療を頑張っていきましょうね。

 

 

2019年4月 1日 (月)

2回目の入院

Dsc03639

 

一昨日、新しい治療による2回目の入院、昨日、退院しました。

次の入院は今度の土曜日、3週連続の後、1週お休みです。

副作用は弱いのですが、今後どのように出るかはわからないので

気をつけていきます。

 

30代の頃から、不眠症なので、入眠導入剤を飲んで寝ていました。

前回と今回の入院も服用していたのですが、飲んだ直後、夢遊病者の

ように記憶なく動き回ることがでました。家ではあったのですが、

病院ではそのような症状が出たことが初めてで、病院側にご迷惑を

かけてしまいました。さて、今後、入眠剤をどのように服用するかを

考える必要があります。今回の抗がん剤の影響があるのかどうかは

分かりませんが、入眠剤の種類を変更してもらうように主治医に

相談したいと思います。

 

今日から4月です。新しい元号も発表されて、これからの日々も大切に過ごして

いきます。

2019年3月26日 (火)

仕事に戻ると

Dsc03600_1 Dsc03601


月曜日の早朝に採血して、職場に普段通りに出勤して、普段通りに仕事をしていたら、夕方になり


妻から血液検査について、どうだったと聞かれた。仕事に集中していると、病院に電話を聞いて


おくべきことを忘れていた。それから、慌てて病院へいきました。血液検査の結果、すぐの治療は


必要なく、次の治療は今週の土曜日です。好中球という血液成分が一定量あると治療ができます。


あるといいなぁ!


薬剤師の方は、私が夕方行くまで、帰らずに待っていました。遅くなって申し訳ありませんでした。


それでも、嫌な顔をせずに、相談に乗ってもらったり、説明を受けたりと丁寧な対応をしてもらいました。


感謝です。仕事場で、病気のことをみんな知っているけれど、進行状況については上司以外には


伏せているので、普段通りに仕事ができるのでよかったです。気を遣われすぎると疲れてしまいますからね!

2019年3月18日 (月)

爪が割れた

 
 
Dsc03364
 
土曜日、朝起きたときに右手中指の爪が割れていた。前日は割れていなかったので、寝ているときに
 
割ってしまったようである。たぶん、寝ながら両手を挙げて欠伸した際に、右手中指が壁に
 
当たり、簡単に割れてしまいました。
 
Dsc03365
 
日曜日になると、横に入った割れが進行し、もうすぐ爪の先が切れそうです。
 
痛さはないのですが、簡単に割れるので、抗がん剤の副作用なのだろうと
 
思いました。
 
金曜日に癌の定期検診に行き、白血球が低いので、白血球数をあげるので
 
金・土・日 と三日間、病院に通い、白血球をあげる治療をしました。
 
 
癌治療の副作用、症状に合わせて、治療法があるのは良かったと思います。
 
今後とも治療と仕事の調整が今のように最適に行われると、仕事場で仕事を
 
しやすいので助かります。実社会との役割があると嬉しい限りです。
 

2019年2月24日 (日)

Dsc02961
 
2月22日(金曜日)に癌治療の定期入院です。血液検査の結果、癌腫瘍マーカーの数値が
 
「CA19-9(新)」の値が1183 という数値を示していました。毎回、数値が上がりすぎて 
 
今回、CT検査を受けることになりました。だから、23日(土曜日)にCT検査を受けました。
 
前日夜9時から検査まで、食べ物を食べては出来ず、水分は当時7時までokでした。
 
検査結果の詳しい説明は今度の金曜日に行われます。
Img_2534  
 
一枚目の写真はCT検査の直後、臨時朝ご飯の写真です。食べる量が私に満足でした。
 
二枚目の写真は23日(土曜日)」、昼ご飯です。沢山出ていて、全体の3分の1ぐらい
 
食べることが出来ました。
 
治療、頑張っていきます。治療方法があること、大切です。

2019年1月22日 (火)

インフルエンザ(2019/01/22)

Dsc02360
 
昨日、朝、5時半に採血して、自宅に帰り、シャワーして出勤でした。
 
三日間の休みで、仕事場の様子の変かを押さえながら仕事に就きました。
 
職員が二人、インフルエンザで休んでおり、感染したら、大変なことになります。
 
今回の入院で白血球が低く、好中球も減っています。この場合、感染しやすいので
 
今回はうがい薬をも出されました。時間を見ては、うがいをしたり、手洗いをしたりして
 
感染予防に努めています。
 
 
好きなバイクのガソリンが減っていたので、早朝にガソリンを入れてきました。
 
もう一度のバイクを今日から乗りたいと思います。多分、今年初めて乗ると思います。
 
 
指先が少し、じんじんしています。この症状がひどくなると、いつかはバイクの運転が
 
難しくなります。それが長く出来るように治療していきたいと思います。

2019年1月19日 (土)

餅つき




昨日から、入院しています。血液検査の結果白血球の数が治療許容範囲の最低限を少し下回っています。抗がん剤の投与量を少し減らして治療することにお願いをしました。いつもより食欲があり、不思議な気がします。

今日は病院の駐車場で餅つきがあり、ぜんざいが振る舞われるそうです。甘いのが大好きなので食べたいと思っているところです。病院内でも楽しいことを見つけて過ごしたいと思います。

2019年1月18日 (金)

入院(2019/01/18)

Dsc02284
 
今日から、入院です。まず、血液検査をして抗がん剤の治療に耐えうる状態かどうかを
 
確かめて、大丈夫なら入院です。もし、抗がん剤の治療ができない状態なら、治療できる
 
ように治療をして、入院が一週間延期になります。
 
三週間に一回の割合、計算通りに癌治療が出来ることは、うまく行き過ぎている部分が
 
あると思います。嬉しいことです。実際、生活すると、あっという間に次に入院があるように
 
感じます。
 
 
一回の食事で食べられる量が少なく、職場にはいつも「おにぎり」を職場に持っていき、
 
途中、途中、それを食べています。その結果、一年間に十キログラムも太りました。
 
抗がん剤の副作用がほぼないこと、感謝です。
 
今日からの入院、頑張ります。
 

2018年12月30日 (日)

入院








いつも丁寧に治療をしてくださっています。主治医の方も薬剤師の方も看護師の方もいつも頭が下がる思いです。
抗がん剤による点滴治療では同一時間で流す点滴と言うより薬剤によって点滴の時間がバラバラです。それだけ細かい看護が必要になってきます。それも夜中も朝方も患者を起こさないようにしながら静かに治療をしてくださっています
本当に感謝です。

明日は退院、検査は一月四日です。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

01_沖縄 02_日常 03_家族 04_カメラ 05_バイク 06_教育 07_バイク2011(CB1100) 08_大学院 09 バイク旅行2016 10_自動車 11.iPhone.iPad.PC etc 12.癌について マンホール 書籍・雑誌 植物_アオイ科 植物_アオギリ科 植物_アカネ科 植物_アカバナ科 植物_アジサイ科 植物_アブラナ科 植物_アヤメ科 植物_アロエ科 植物_イネ科 植物_イノモトソウ科 植物_ウコギ科 植物_ウリ科 植物_オウギバショウ科 植物_オシロイバナ科 植物_オトギリソウ科 植物_カキノキ科 植物_カタバミ科 植物_カンナ科 植物_ガガイモ科 植物_キキョウ科 植物_キク科 植物_キツネノマゴ科 植物_キョウチクトウ科 植物_キントラノオ科 植物_キンポウゲ科 植物_クサトベラ科 植物_クスノキ科 植物_クマツヅラ科 植物_クワ科 植物_ゴクラクチョウカ科 植物_ゴマノハグサ科 植物_サガリバナ科 植物_サクラソウ科 植物_サボテン科 植物_シクンシ科 植物_シソ科 植物_シュウカイドウ科 植物_ショウガ科 植物_ジンチョウゲ科 植物_スイカズラ科 植物_スイレン 植物_スベリヒユ科 植物_スミレ科 植物_ソテツ科 植物_タコノキ科 植物_タデ科 植物_ダンドク科 植物_チャセンシダ科 植物_ツユクサ科 植物_ツリフネソウ科 植物_ツルムラサキ科 植物_トウダイグサ科 植物_トケイソウ科 植物_トベラ科 植物_ナス科 植物_ニシキギ科 植物_ノウゼンカズラ科 植物_ノウゼンハレン科 植物_ハスノハギリ科 植物_ハマウツボ科 植物_バラ科 植物_バンレイシ科 植物_パパイア科 植物_パンヤ科 植物_ヒガンバナ科 植物_ヒナノシャクジョウ科 植物_ヒユ科 植物_ヒルガオ科 植物_フウチョウソウ科 植物_フウロソウ科 植物_ベンケイソウ科 植物_マキ科 植物_マツ科 植物_マメ科 植物_ミカン科 植物_ミソハギ科 植物_ムクロジ科 植物_ムラサキ科 植物_モクセイ科 植物_モクマオウ科 植物_ヤシ科 植物_ヤッコソウ科 植物_ユキノシタ科 植物_ユリ科 植物_ラン科 植物_リュウゼツラン科 植物_リンドウ科 植物_全般