2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

ウェブページ

09 バイク旅行2016

2016年8月21日 (日)

年に一回は(2016/08/21)

Img_5069



 

Img_5489_2

 

33388kmから35415kmになりました。今回のバイク旅行での

走行距離は、2027kmです。宮崎から鹿児島まで大雨に降られて

移動が大変でした。おかげで、鹿児島市に着いたら、疲れていて

鹿児島港のターミナルに半日、休んでいました。 フェリーは二等室、

満員でした。鹿児島市と那覇市の間にある島々で降りていき、那覇港に

着く頃には、かなり減っていました。途中で乗船してくる人もいるので、

鹿児島から那覇までずっと乗っている人は、ほとんどでいないと思います。

 

5年ぶりにバイク旅行に行きました。その前は大学時代なので、簡単には

できないことです。でも、年に一回はバイク旅行に行きたいですね。きちんと

仕事をしている分、リフレッシュ、リセットをして、今ある環境と変わったところで

時間を過ごすことは大切です。明日から、仕事も本格的に始まります。

これから一年間、また、仕事に集中して過ごしていきます。

2016年8月20日 (土)

池山水源(2016/08/20)

その日、二つ目の目的地が「池山水源」です。
 
スマホのナビで案内をしてもらったのですが
 
道に迷って、砂利道を走ったり、牛がたくさんいる
 
牧場の側の小道を通ったりと、大変でした。
 
Img_5425  
 
池山水源は静かできれいでした。駐車場に戻ると
 
飲み水の採取ができると案内があったので、
 
もらいに行きました。
 
Img_5427
 
ペットボトルにいれて、たくさん飲み干しました。
 
地元の人はたくさんの水入れを持ってきて汲んでいました。 
 
水は冷たく美味しかったです。 
 

2016年8月19日 (金)

鍋ヶ滝(2016/08/19)

熊本県小国町にある鍋ヶ滝に着きました。たどり着くため、
 
かなりスマホのナビ機能にお世話になりました。 
 
Img_5416
 
入場料200円を払って、坂道の階段を降りていきました。
 
Img_5419
 
Img_5422
 
この滝は裏側が削られているので滝の裏側を
 
歩くことができるところでした。遠くて大変でしたが
 
行ってよかったと感じました。たくさんの観光客で
 
いっぱいでした。
 
 

2016年8月18日 (木)

道に迷って(2016/08/18)

大分市から鍋ヶ滝に向かいました。一般道だけで向かったので
 
途中何回も、スマホで経路を確認していました。それでも道に
 
迷っていました。 
 
Img_5400
 
道路の側に、仮面ライダーが現れました。それもかなり大きくて
 
驚きました。数えてみると、3つもありました。
 
Img_5399
 
Img_5401
 
 
この仮面ライダーを作るに当たり、デフォルメされているので
 
著作権の問題はクリヤーできているのか、気になりました。
 
 
Img_5402
 
道に迷わなければ、通ることもないと思いますが、この旅で一番
 
インパクトのあるオブジェクトでした。
 
 

2016年8月17日 (水)

インプラッソ城崎(2016/08/17)

大分市の宿泊先を宿泊する三日前の予約をしようとしたら、
 
東横インは満室で予約出来ませんでした。そのため、ネットで
 
探したホテルがインプラッソ城崎です。
 
Img_5394_2
 
値段が格安なので、シングルの部屋は狭かったのですが
 
設備は、きちんとそろっていました。値段が安いのに朝食も
 
品数は少なめですが、量がしっかりあるので、満腹になりました。 
 
もし、ホテルが満室で困ったときは、大分市お薦めのホテルです。
 
Img_5395
 
下関から大分市まで、走行距離が164kmです。ジャケットを脱いで
 
運転したので、暑さを緩和出来たのでよかったです。
 
 

2016年8月16日 (火)

別府(2016/08/16)

ネットの書き込みで、別府の明礬温泉がお薦めですと 
 
ありました。その文を読み、下関から大分市へ向かう途中に
 
別府があり、明礬温泉を探して向かいました。 
 
Img_5385
 
 
Img_5388
 
沖縄に住んでいると、湯船につかる習慣がありません。
 
そのため、温泉の露天風呂に入ったことがありません。
 
旅の思い出にチャレンジしてみました。入浴料600円
 
タオル220円でした。 
 
気持ちよく湯船につかりました。撮影禁止なので、この奥は
 
撮影出来ませんでした。
 
 
入浴後、着替え場に、バイクの鍵を置き忘れて、取りに戻りました。 
 
身体が温まって、ぼっとしたのかな?  
 
その後、大分市のビジネスホテルに向かいました。
 
 

2016年8月15日 (月)

下関(2016/08/15)

Img_5373
 
その日、下関まで走りました。はじめて関門トンネルを
 
渡りました。九州から本州に渡りました。よい経験をしました。
 
Img_5379
 
この日は、356kmも走りました。多分、この旅で一番の距離だと
 
思います。下関に来た理由は、写真のブログで素敵な写真を撮る
 
方がいて、その方に会うためでした。はじめてお会いする方でしたが
 
ネットで交流をしていたので、はじめてのような気がしませんでした。
 
 
 
 
Img_5374
 
その日の夜、門司港で夜景撮影や食事をしました。沖縄では 
 
聞くことがない、「焼きカレー」というものがあり、それを食べました。
 
ところが変われば、料理も変わるのですね。美味しかったです。
 
 
ネットを通して、実際に人に会うことは、危険だと言われています。 
 
それは事実だと思います。私のように50代に入り、ネットを10年以上、
 
活用していると、会っていいのか、どうかについて、なんとなくわかるのです。
 
 
今回、お逢いした人は、素敵な方で、きらきらしていました。私も 
 
そのような方になりたいです。そう感じた旅の夜でした。
 
 

2016年8月14日 (日)

九重「夢」大吊橋(2016/08/14)

佐世保から下関へ向かいました。
 
その途中、高速道路を九重インターでおりました。
 
そして、九重「夢」大吊橋に向かいました。熊本の
 
地震のためが、道が迂回路になっていました。 
 
 
Img_5328
 
標高777m地点に架かり、地上から173mの地点に
 
あるそうです。橋は足下が透けるように底が見えるように
 
なっています。高いので、怖かったです。 パンフレットでは
 
秋の紅葉シーズンはお薦めとありました。入場料は500円でした。 
 
Img_5325
 
橋の長さは390mあるそうです。
 
Img_5324
 
バイクで転けたときが心配なので、バイク用ジャケットを
 
つけて運転しました。でも、脱水症状になりそうで困って
 
います。楽しい旅は続きます。暑い日も続きます。
 
 

2016年8月13日 (土)

佐世保(2016/08/13)

昼間、軍艦島で過ごした後、佐世保に向かいました。
 
高速道路で移動したのですが、間違えて、鳥栖に
 
行かないように気を付けました。
 
Img_5289
 
佐世保の友達に会いました。沖縄に来たときには
 
会うのですが、佐世保で会うのは初めてでした。
 
友達が贅沢な夕食が食べさせてくれました。私一人なら
 
絶対に行かないようなお店です。私は沖縄で外食を
 
基本しないので、美味しいお店を紹介出来ないです。
 
たぶん、知り合いが来るとわかったら、回りの食通に
 
聞いて、リサーチが必要です。
 
Img_5294
 
友達の佐世保市内を散歩しながら、夜しか開かない
 
佐世保バーガーを教えてもらいました。お腹がいっぱい
 
だったので入りませんでした。佐世保バーガーが大変
 
有名だそうです。値段も高いので、そんなに食べる回数は
 
ないそうです。
 
Img_5308
 
翌朝になりますが、佐世保バーガー発祥のお店も
 
紹介してもらいました。
 
 
Img_5293
 
「一休」というお店で、大判焼きがおいしいというので
 
買って食べました。美味しかったです。
 
Img_5309
 
この日の走行距離は117kmです。この日、佐世保の
 
友達の家に泊まりました。旅行は楽しいですね。
 
 
 
 

2016年8月12日 (金)

端島(2016/08/12)

旅行五日目、長崎にある世界遺産の一つ、端島へ
 
行きました。通称は「軍艦島」です。
 
Img_5263
 
友達が軍艦島上陸の手配をしてくれました。
 
その友達と一緒に上陸したのですが、その友達も 
 
初めてだそうです。
 
Img_5275
 
今は寂れてしまったのですが、燃料の中心が
 
石炭だった頃は、きっと大都会だったのだろうと
 
思います。
 
Img_5279
 
台風などで、朽ち果てていくそうです。崩壊したら
 
危険なので、建物の近くに行くことはできませんでした。
 
良い経験をしました。
 
 
 
 

その他のカテゴリー

01_沖縄 | 02_日常 | 03_家族 | 04_カメラ | 05_バイク | 06_教育 | 07_バイク2011(CB1100) | 08_大学院 | 09 バイク旅行2016 | マンホール | 書籍・雑誌 | 植物_アオイ科 | 植物_アオギリ科 | 植物_アカネ科 | 植物_アカバナ科 | 植物_アジサイ科 | 植物_アブラナ科 | 植物_アヤメ科 | 植物_アロエ科 | 植物_イネ科 | 植物_イノモトソウ科 | 植物_ウリ科 | 植物_オウギバショウ科 | 植物_オシロイバナ科 | 植物_オトギリソウ科 | 植物_カキノキ科 | 植物_カタバミ科 | 植物_カンナ科 | 植物_ガガイモ科 | 植物_キキョウ科 | 植物_キク科 | 植物_キツネノマゴ科 | 植物_キョウチクトウ科 | 植物_キントラノオ科 | 植物_キンポウゲ科 | 植物_クサトベラ科 | 植物_クスノキ科 | 植物_クマツヅラ科 | 植物_クワ科 | 植物_ゴクラクチョウカ科 | 植物_ゴマノハグサ科 | 植物_サガリバナ科 | 植物_サクラソウ科 | 植物_サボテン科 | 植物_シクンシ科 | 植物_シソ科 | 植物_シュウカイドウ科 | 植物_ショウガ科 | 植物_ジンチョウゲ科 | 植物_スイカズラ科 | 植物_スイレン | 植物_スベリヒユ科 | 植物_スミレ科 | 植物_ソテツ科 | 植物_タコノキ科 | 植物_タデ科 | 植物_ダンドク科 | 植物_チャセンシダ科 | 植物_ツユクサ科 | 植物_ツリフネソウ科 | 植物_ツルムラサキ科 | 植物_トウダイグサ科 | 植物_トケイソウ科 | 植物_トベラ科 | 植物_ナス科 | 植物_ニシキギ科 | 植物_ノウゼンカズラ科 | 植物_ノウゼンハレン科 | 植物_ハスノハギリ科 | 植物_ハマウツボ科 | 植物_バラ科 | 植物_バンレイシ科 | 植物_パパイア科 | 植物_パンヤ科 | 植物_ヒガンバナ科 | 植物_ヒナノシャクジョウ科 | 植物_ヒユ科 | 植物_ヒルガオ科 | 植物_フウチョウソウ科 | 植物_フウロソウ科 | 植物_ベンケイソウ科 | 植物_マキ科 | 植物_マツ科 | 植物_マメ科 | 植物_ミカン科 | 植物_ミソハギ科 | 植物_ムクロジ科 | 植物_ムラサキ科 | 植物_モクセイ科 | 植物_モクマオウ科 | 植物_ヤシ科 | 植物_ヤッコソウ科 | 植物_ユキノシタ科 | 植物_ユリ科 | 植物_ラン科 | 植物_リュウゼツラン科 | 植物_リンドウ科 | 植物_全般